スタッフブログ
Blog

【2021年最新】オーストラリア留学はいつからできる?オーストラリアの国境オープン予想

こんにちは、オーストラリア•キャリアセンター(ACC)のMikaです。
当ウェブサイトをご覧いただき、ありがとうございます。

悩む人

オーストラリアに留学したいのですが、コロナの影響でずっと延期になっています。いつから留学ができそうですか?

今日はこんな疑問にお答えします。

本記事はこんな方におすすめ

  • オーストラリアに留学したい
  • オーストラリアに留学したいが、いつ国境が開くのかわからず困っている
  • 大まかで良いからオーストラリアの国境が開く時期を把握して、今からできる留学準備を進めたい

本記事の信頼性

3年半の留学について赤裸々に語っている留学体験談は、おかげさまでたくさんの皆さんから共感をいただいています。

ACC Mika

新型コロナウイルスの影響を受けて、オーストラリアの国境が閉じてから約2年が経とうとしています。※2021年10月現在

おかげさまでACCには引き続きオーストラリア留学を検討している方から日々お問い合わせをいただいていますが、オーストラリアの国境がいつ開くかわからないから、計画を立てたり、準備を進めたりすることができない、というのが大きなネックになっています。

最近になってようやくオーストラリアの国境オープンの予定が発表されましたので、それに基づいて、オーストラリア留学は直近でいつから可能か、考察していきたいと思います。

オーストラリアの市民権•永住権保持者向けに国境をオープンすることが決定

オーストラリアのスコット•モリソン首相は2021年10月1日、オーストラリアの市民権•永住権保持者を対象として国境を11月以降順次オープンしていくことを発表しました。

大まかな条件としては、下記が挙げられています。

  • 指定されたワクチンを2回摂取していること
  • 渡航3日前にPCR検査を受けて陰性と出ること
  • 居住している州のワクチン摂取率が80%以上となっていること

国外からオーストラリアに戻って来た場合には、1週間の自宅隔離が必須となります。

留学生向けにオーストラリアの国境がオープンされるのはいつ?

留学生がいつオーストラリアに渡航できるかは明示されていないものの、オーストラリア市民権•永住権保持者の次に移民と留学生を早期に受け入れたい意向をモリソン首相が2021年10月5日に発表しました。

オーストラリアは、もともとコロナ前は毎年15〜20万人の移民を受け入れていた移民大国です。

国境を閉じていた関係で新しく移民として入ってくる人が激減し、必要なスキルを持つ移民や不足している職種を補ってくれる移民がこれまで以上に求められています。

また、留学生の減少もオーストラリアの経済に多大な影響を与えているため、オーストラリア政府としてできるだけ早く受け入れを再開したい、と考えているようです。

オーストラリア各州で方針やスピード感に違いがある

これを踏まえた上で注意したいのが、オーストラリア各州で州境オープンの時期や外国人の受け入れに関して、方針やスピード感でかなり違いがある、ということです。

2021年10月8日時点の各州のワクチン摂取率の推移は下表にまとめましたが、州によってバラつきがありますね。

また、この摂取率の違いに加えて、州によっては西オーストラリア州のように州境を閉じているところもあり、その州境をいつオープンするか、その上で外国人をいつから受け入れるか、という方針もかなり異なります。

現状は、ニューサウスウェールズ州は国境オープンと外国人の受け入れに最も積極的で、西オーストラリア州やクイーンズランド州など、比較的州内のコロナ対策が上手くいっている場所では様子を見ている感が強いです。

ACC Mika

オーストラリア留学のスタート時期はいつにすれば良い?

悩む人

オーストラリアの国境は近々オープンしそうですが、実際に留学ができるようになるのはいつ頃でしょうか?

余裕を持って考えると、2022年7月には留学をスタートできる可能性が高いです。

ACC Mika

ニューサウスウェルズ州などワクチン摂取率が高く、オープンへ向けて積極的な州ではもう少し早く留学をスタートすることもできると思いますが、最初は特にオーストラリア到着後の隔離に関するルールが厳しい可能性もあり、実際に留学生の受け入れを再開してみて、政府がルールを変更したり、追加することも考えられます。

加えて外国人の受け入れに慎重な州も念頭に入れると、2022年7月頃のスタートが濃厚なのでは、と感じています。

オーストラリアは専門学校や大学•大学院の開始時期が毎年2月と7月がメインなので、このような時期に合わせて受け入れが本格化する可能性があります。

ACC Mika

オーストラリア留学へ向けて、今準備すべきこと3つ

大まかなオーストラリアの開国予想を立てたところで、留学へ向けて今からできることをご紹介します。

留学先の都市や学びたいコース、留学後のキャリア像を考えてみよう

まずは、ご自身の中で留学に期待することや目標を考えてみましょう。

「留学後どんな自分になっていたいか」「どこで、どんなことをしたいか」を軸に、ワクワクしながら考えてみてくださいね。

ここではまず自由に、発散思考で考えてみましょう!

ACC Mika

合わせて、オーストラリアの中で、どこの都市で勉強したいかも考えましょう。

実はこの留学先選びは学びたいコースや学校選びと同じくらい大切

ただでさえ勉強で大変な留学生活ですから、自分が行ってみたい、好きだなと思える場所を選んで、勉強とリフレッシュを上手くできる環境作りを考えることは、自分の理想とする留学生活を送るための重要なファクターになりますよ。

信頼できる留学エージェントを見つけよう

まだ留学の目標がはっきり明確になっていなくても大丈夫なので、サポートを依頼する留学エージェントを探し始めましょう。

関連記事
オーストラリア留学経験者が考察する、留学エージェントの選び方

星の数ほどある留学エージェントから、どうやってサポートを任せるエージェントを選べば良い?オーストラリア留学経験者で、これまで複数のエージェントを利用した経験を踏まえて、留学エージェントの選び方、コツをご紹介します。

もちろん、自分で留学の手続きをすることもできますが、オーストラリアや留学•就職のプロに相談をした方が、より自分のやりたいことを明確にしたり、煩雑な手続きをスムーズに進めることもできます。

ご自身が希望する留学先の都市にオフィスがある留学エージェントに問い合わせをすることで、現地にいるからこそわかるリアルな情報が手に入りますよ。

ACC Mika

見積もりをもらったり、より具体的な留学スケジュールを立てよう

ご自身と合いそうだな、サポートを任せたいな、と思える留学エージェントが見つかったら、どんなことをいつから勉強していくか、より具体的な留学スケジュールを立て始めましょう。

専門学校や大学•大学院への留学を検討されている方は、入学するために必要な英語力を満たしているかどうか確認する必要があるため、英語テストを受ける必要があるかもしれません。

また、見積もりを出してもらうことで留学にかかる費用がわかり、より具体的にイメージもしやすくなりますし、スケジュールも調整しやすくなります。

真っ当なエージェントであれば、見積もりに当たってお金を請求したり、見積もりを依頼する=留学確定、とはならないはずなので、留学の全体像を掴みたい、という場合はぜひ見積もりを依頼してみてくださいね。

ACC Mika

オーストラリア留学へ向けて、今からできる準備を始めよう!

今回は、オーストラリア留学はいつからスタートできるのか、考察してみました。

今後のオーストラリア国内のワクチン摂取率やコロナの感染拡大などによって、状況が大きく変化することもあります。
その都度情報を更新していきたいと思いますが、最新情報はオーストラリア移民省保健省のウェブサイトをご確認ください。

オーストラリア政府として、国境オープンへ向けて動き出していること自体はとても良いサインですので、今後の動向に注目していきましょう!

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

この記事を書いた人

Mika

オーストラリア、パースで20代後半から英語力•スキルを身につけるための留学を敢行。留学で得た経験を活かして、ACCのキャリアコンサルタント、グラフィック&ウェブデザイナーとして活躍中。愛犬とパースの自然、飾らないライフスタイルが大好き。

ACCのスタッフは全員オーストラリア長期留学経験者

大好評!ACCスタッフのオーストラリア留学体験を赤裸々に語ったブログスタイルの体験談もぜひチェックしてみてくださいね!