スタッフブログ
Blog

【期間別】オーストラリア短期留学の費用は?ビザや持ち物まで詳しく解説します

こんにちは、オーストラリア•キャリアセンター(ACC)のMikaです。
当ウェブサイトをご覧いただき、ありがとうございます。

悩む人

オーストラリアに短期留学をしたいです。費用や申請するビザ、持ち物などについて教えてください。

今日はこんな疑問にお答えします。

本記事はこんな方におすすめ

  • オーストラリアで2週間〜3ヶ月の短期留学をしたい
  • オーストラリアで短期留学する際にかかる費用を知りたい
  • オーストラリアで短期留学する際のビザや持ち物など詳細を知りたい

本記事の信頼性

3年半の留学について赤裸々に語っている留学体験談は、おかげさまでたくさんの皆さんから共感をいただいています。

ACC Mika

オーストラリアでは3ヶ月未満の短期留学をする方も少なくありません。

短期間の場合はビザも用途に合わせて選んで、賢く留学するのがおすすめ。

今回は、オーストラリア留学のプロが、短期留学にかかる費用やビザ、持ち物などを詳しく解説していきます。

※下記で記載する日本円は1オーストラリアドル=80 円で計算しています。為替レートの変動によって、実際の費用も変わりますので予めご了承ください。

短期留学はこんな人におすすめ

  • 高校や大学の春休み、夏休み、冬休みなどの期間を利用して留学したい
  • 社会人で留学できる期間が決まっている
  • 初めての留学で、まずは短期間生活してみて、その後の長期留学を検討したい

私も初めての留学は1ヶ月間の短期留学で、大学3年生になる前の春休みを利用して留学しました。

ACC Mika

期間別で見る短期留学の費用

2週間、1ヶ月、3ヶ月のそれぞれの留学期間でかかる費用を具体的に見ていきましょう。

基本情報

  • 留学期間:2週間、1ヶ月、3ヶ月
  • 留学先:語学学校(一般英語コースを想定)
  • 学費:授業料、教材費、入学金を含む
  • 滞在方法:ホームステイ(全期間)
  • その他のサービス:空港送迎サービス付き

学校によって授業料が異なりますので、行きたい学校の候補があれば見積もりを取って、正確な金額を確認するようにしましょう。

ACC Mika

2週間の短期留学でかかる費用

  • 学費:約71,000円
  • ホームステイ(2週間):約56,000円
  • 空港送迎サービス:約8,000円

合計:約13万5千円

1ヶ月の短期留学でかかる費用

  • 学費:約129,000円
  • ホームステイ(4週間):約96,000円
  • 空港送迎サービス:約8,000円

合計:約23万3千円

3ヶ月の短期留学でかかる費用

  • 学費:約302,000円
  • ホームステイ(12週間):約256,000円
  • 空港送迎サービス:約8,000円

合計:約56万6千円

その他の費用

期間によらず、学費や滞在費以外にかかる費用は下記の通りです。

ビザ申請料金

  • 観光ビザ:約1,600円
  • ワーキングホリデービザ:約4万円
  • 学生ビザ:約5万円

航空券(往復)

約8〜13万円前後 ※航空会社によって異なる

保険

  • 海外旅行保険:2週間で約5,000円〜 ※保険会社によって異なる
  • 留学生保険(OSHC):1ヶ月で約4,000円 ※学生ビザの方のみ加入必須

生活費

  • 食費:1週間で約8,000円
  • 交通費:1週間で約1,200円

生活費は個人差があります。他にも交際費やスマホ用のプリペイドSimカードを利用する場合には別途費用がかかります。

ACC Mika

なお、滞在方法はホームステイに限りません。他にも学生寮やシェアハウスという選択肢もあるので、下記の記事を参考にしてみてくださいね。

関連記事
【徹底比較】オーストラリア滞在方法:ホームステイ、学生寮、シェアハウス、どれを選ぶ?

オーストラリアの代表的な滞在方法であるホームステイ、学生寮、シェアハウスを費用や期間、住みやすさなどで徹底比較。オーストラリア長期留学経験者が、それぞれのメリットやデメリットを含めて詳しく解説します。

短期留学する場合のビザ

オーストラリアの滞在が3ヶ月未満の場合は、観光ビザでも留学が可能です。
観光ビザを取得すれば、最長3ヶ月間オーストラリアに滞在できて、ビザ申請費用も安いのがメリット。

留学自体は短期だけれども、オーストラリアにはもう少し滞在したい、という場合にはワーキングホリデービザが合うかもしれません。
ワーキングホリデービザは最長4ヶ月間の留学が認められ、オーストラリアへの滞在自体は最長1年間可能です。

関連記事
今更聞けない、オーストラリアのワーホリビザを徹底解説!申請方法や条件、費用など

ワーホリ先として人気のオーストラリア。そんなオーストラリアのワーホリビザについて、申請条件や年齢制限、費用、セカンドワーホリやサードワーホリまで、徹底的に詳しく解説します。

他に学生ビザもありますが、3ヶ月未満の短期滞在で学生ビザを選択するメリットはあまりありません。
観光ビザと違う点は、学生ビザであればアルバイトができますが、そもそも滞在期間が短いため、その中でアルバイトを探すことは至難の業です。
3つのビザの中でビザ申請料金も最も高くなりますので、短期留学で学生ビザを検討中の方は、本当に学生ビザで渡航する必要があるか、留学エージェントに相談してみましょう。

関連記事
オーストラリア留学に不可欠な学生ビザを徹底解説!費用や申請方法、条件など

オーストラリアに留学したいと考えている方必見!オーストラリアの学生ビザの申請方法、条件、費用、滞在中のルールなど、学生ビザの詳細を徹底解説します。安心して留学準備を進められるように、学生ビザについて理解を深めましょう。

短期留学に必要な持ち物

留学へ向けて、日本からどんなものを持っていくと良いのか、気になりますよね。

オーストラリア留学経験者が自分の留学時にこんなものを持っていった、持っていけば良かった、というものを下記の記事でまとめているので、よければ参考にしてみてくださいね。

関連記事
【オーストラリア留学準備】今だからわかる日本から持って行きたい10アイテム

オーストラリアのパースで3年半の長期留学をしてみて、留学前に日本から持ってこれば良かったなぁと思ったものがいくつかあります。これからオーストラリアに留学やワーホリなど、長期滞在予定の方へ、重要度別で準備したい持ち物をご紹介します。

短期留学にオススメな時期

悩む人

短期留学にオススメな時期(季節)はありますか?

短期留学するなら冬以外の暖かい季節がオススメです!

ACC Mika

オーストラリアは日本と季節が真逆なので、11月〜3月頃が初夏〜夏の終わりの季節になり、オーストラリアの良さを一番感じやすい時期になると思います。

関連記事
冬は留学にピッタリ?オーストラリア留学と季節の関係性

オーストラリア留学と言えば、やっぱり夏でしょ!という方が多いと思いますが、実は冬の留学の方が費用を抑えられたり、希望する環境で勉強できる可能性が高くなるのをご存知でしたか?今回はオーストラリア留学と季節の関係性を詳しく解説します。

短期留学の準備はいつから?

悩む人

短期留学をするならどのくらい前から準備を進めればいいですか?

留学スタートの3ヶ月くらい前には入学手続きや滞在先の手配ができると安心です!

ACC Mika

観光ビザやワーキングホリデービザで渡航する場合は、ビザの申請内容がそこまで複雑ではないので、渡航の3ヶ月前くらいに手続きができると時間にも余裕を持って準備できるでしょう。

渡航の半年〜1年前くらいから留学エージェントを探して、お見積もりを取ったり、学校を決めたりできると良いですね。

もし学生ビザで渡航する場合はビザ申請に時間がかかるので、もう少し前から準備ができると安心です。

関連記事
【オーストラリア留学準備の決定版】留学手続きの流れ•手順を徹底解説!

オーストラリアの留学手続きの流れ、必要な書類、手続きの手順や、学生ビザ、ワーキングホリデービザ、観光ビザなどビザ別で注意すべきポイントなどを詳しく解説。オーストラリア留学の準備•プラン立てにお役立てください。

関連記事
【オーストラリア留学準備】今だからわかる日本から持って行きたい10アイテム

オーストラリアのパースで3年半の長期留学をしてみて、留学前に日本から持ってこれば良かったなぁと思ったものがいくつかあります。これからオーストラリアに留学やワーホリなど、長期滞在予定の方へ、重要度別で準備したい持ち物をご紹介します。

まとめ

今回はオーストラリアで短期留学をする場合にかかる費用やビザ、持ち物などを詳しく解説しました。

オーストラリアは長期留学はもちろん、短期留学をするにも人気の場所です。

この記事が、これからオーストラリアに留学されたい方の参考になれば嬉しいです。

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

この記事を書いた人

Mika

オーストラリア、パースで20代後半から英語力•スキルを身につけるための留学を敢行。留学で得た経験を活かして、ACCのキャリアコンサルタント、グラフィック&ウェブデザイナーとして活躍中。愛犬とパースの自然、飾らないライフスタイルが大好き。

ACCのスタッフは全員オーストラリア長期留学経験者

大好評!ACCスタッフのオーストラリア留学体験を赤裸々に語ったブログスタイルの体験談もぜひチェックしてみてくださいね!