スタッフブログ
Blog

【徹底比較】オーストラリア滞在方法:ホームステイ、学生寮、シェアハウス、どれを選ぶ?

こんにちは、オーストラリア•キャリアセンター(ACC)のMikaです。
当ウェブサイトをご覧いただき、ありがとうございます。

悩む人

オーストラリアに留学したいと思っています。滞在方法で迷っているのですが、どんな滞在方法があるのか、それぞれの違いやオススメの滞在方法を教えてください。

今日はこんな疑問にお答えします。

本記事はこんな方におすすめ

  • オーストラリア留学を検討している
  • オーストラリア留学で滞在方法を検討している
  • オーストラリアでどんな滞在方法があるのか知りたい

本記事の信頼性

3年半の留学について赤裸々に語っている留学体験談は、おかげさまでたくさんの皆さんから共感をいただいています。

ACC Mika

留学するに当たって、都市選びや学校•コース選択と同じくらい大事なのが、滞在方法選び
留学する期間だけ、その土地で生活するわけですから、どんなところに住むかは生活の基盤となる大切な要素ですよね。

私自身オーストラリアのパースで3年半留学しながらホームステイとシェアハウスを経験しました。
今は私が留学していた時にはあまりなかった、学生寮も人気を集めてきています。

今回は、オーストラリア留学中の代表的な滞在方法として、ホームステイ、学生寮、シェアハウスそれぞれの特徴を徹底比較していきます。

この記事を読めば、安心してオーストラリアでの滞在スタイルを選択できるようになりますよ。

オーストラリアでの滞在方法①ホームステイ

ホームステイとは、その土地に住むネイティブスピーカーの家族と一緒に暮らす海外滞在方法の一つで、英語の勉強になるのと同時に、お互いの生活様式や文化を理解する良い機会であり、特に海外留学の最初に利用する方が多いです。

オーストラリアのホームステイの特徴

  • 基本はシングルルーム(ひとり一部屋) ※希望があれば2人部屋など複数人も可能
  • 平日は朝晩の2食、休日は昼も含めた3食付きプランが一般的
  • 部屋にはベッド、リネン類、机、クローゼットが完備、キッチンやシャワーは共有であることが多い
  • Wi-Fi(インターネットは)使用できる家が多いが、受け入れ先による
  • キッチンではもちろん洗い物などはできるが、料理は許可されない場合も多い
  • シャワーの時間や門限など、受け入れ先の家庭でルールがあれば守る必要がある
  • 申し込み時にどんな家庭を希望するのか伝えることができるが、全て叶うとは限らない

オーストラリアのホームステイの費用

ホームステイ斡旋会社により多少の違いはありますが、ホームステイにかかる一般的な費用は下記の通りです。

  • ホームステイ手配料金:$250〜$300($1=80円計算で約2万〜2万4千円)
  • 1週間あたりのホームステイ費用:$250〜$300 / 1週間($1=80円計算で約2万〜2万4千円)
    ※費用には光熱費が含まれます

ホームステイで1ヶ月(4週間)滞在した場合の費用は、約$1,250〜$1,500($1=80円計算で約10万〜12万円)です。

オーストラリアのホームステイの申し込み方法

オーストラリアのホームステイの申し込み方法は主に下記の2つです。

  • ホームステイ斡旋会社に依頼する
  • 留学先の学校に、ホームステイの手続きを同時に依頼する

いずれの場合も留学エージェントが手続きを代行できる場合が多いので、サポートを依頼しているエージェントに相談すると良いでしょう。

オーストラリアのホームステイはどんな人にオススメ?

先で触れた通り、ホームステイは現地のご家庭に滞在するスタイルなので、現地の生活スタイルや文化を学ぶために留学の際の1〜2ヶ月をホームステイで過ごす、という方はとても多いです。

私もパースでの留学をスタートした時、最初の2ヶ月弱(7週間)をホームステイで過ごしました。

ACC Mika

初めての土地で右も左も分からないからこそ、最初は現地の人と一緒に暮らすことで、自分の生活の基本をまず作りたい、と思われる方にはぴったりの滞在方法です。

最初は学校にも慣れないですし、そんな中自分で買い物して料理をする、というのもなかなか大変ですから、食事付きのホームステイプランは持ってこいですね。

ACC Mika

一方で、ホームステイは上記の特徴で触れた通り、申し込み時に自分の希望を伝えることはできますが、それが全て叶うとは限りません。

また、その家庭のルールを守ることになるので、他の滞在方法に比べて自由度は低い、と感じるかもしれません。

関連記事
オーストラリアでホームステイを申込む前に知っておきたいこと3つ【体験談付き】

留学の最初に申し込む方が多いホームステイ。オーストラリアとイギリずの2カ国でホームステイを経験した留学経験者が、申し込む前に知っておきたいホームステイの実情や注意すべきポイントををまとめました。

オーストラリアのホームステイの口コミ

悩む人

実際にホームステイをしたことのある方の体験談を知りたいのですが…

もちろんです!オーストラリアのパースで長期間ホームステイをされた方の体験談をご紹介しますね。

ACC Mika
ホームステイ体験談
瀧上 沙良さん

西オーストラリア大学(UWA)で交換留学をしている瀧上さんに、ホームステイでの生活についてレポート形式で教えてもらいました!

オーストラリアでの滞在方法②学生寮

多国籍な仲間とキャンパスライフを思う存分楽しむことができる学生寮。

これまでは大学•大学院に付属している学生寮に入ることが一般的でしたが、近年学生であれば学校問わず入寮できる総合学生寮が増えてきて、その人気がどんどん高くなっています。

オーストラリアの学生寮の特徴

  • 完全1人部屋、シェアルーム(2〜4人)、1人部屋でキッチンとシャワーのみ共有するシェアハウスに似たスタイルなど、複数のプランから選択できる
  • 学校付属の寮のほか、学校を問わない総合学生寮もあり
  • 部屋にはベッド、机、クローゼットが完備、リネン類は寮によっては自分で準備する必要がある
  • 住む期間によっては最初に家賃の2〜4週間分を敷金として支払う必要がある(何もなければ基本的に退去時に全額返金される)
  • Wi-Fi(インターネットは)使用可能
  • 食堂、キッチン、ランドリー、ジム、ラウンジ、エンターテイメントエリアなど施設が充実している
  • 寮内で様々なイベントが開催されるため、交流の輪を広げられる
  • 現地にいれば、事前に内覧が可能

オーストラリアの学生寮の費用

学生寮は①プラン(何人部屋か)②どのくらいの期間住むか③食事付きにするかなど様々な条件で費用が異なりますが、学生寮にかかる一般的な費用は下記の通りです。

  • 学生寮手配料金:$250〜$300($1=80円計算で約2万〜2万4千円)
  • 1週間あたりの学生寮費:$150〜$450 / 1週間($1=80円計算で約6万8千〜3万6千円)
    ※費用には光熱費が含まれます

学生寮で1ヶ月(4週間)滞在した場合の費用は、約$850〜$2,100($1=80円計算で約10万〜16万8千円)です。

大学•大学院付属の学生寮の方が費用が高い傾向があります。総合学生寮であれば、最初の手配料金がかからないところもあります。

ACC Mika

オーストラリアの学生寮の申し込み方法

オーストラリアの学生寮の申し込み方法は主に下記の2つです。

  • 各学生寮に直接申し込む(オンラインで手続き可能)
  • 留学先の学校また留学エージェントに手続きを依頼する

ホームステイ同様、留学エージェントが学生寮と提携がありサポートができる場合があるので、相談してみてくださいね。

オーストラリアの学生寮はどんな人にオススメ?

オーストラリアの学生寮にはオーストラリア人学生も多く住んでいますし、世界中から集まる留学生と一緒に過ごせるので、国際色豊かな環境で過ごしたい方や、同じように勉強を頑張る仲間と切磋琢磨しながら勉強も遊びも充実させたい、という方にオススメです。

費用の面で問題なければ、1人部屋で一人暮らしと近い生活をしながら、寮内では交友を広げられるチャンスもあります。

多くの人が一緒に生活をする場になるので、まれに騒音が気になったり、文化の違いから生活のしずらさを感じることもあるようですので、現地にいる方は手続きをする前に内覧をしてみてくださいね。

ACC Mika

オーストラリアの学生寮の口コミ

悩む人

実際に学生寮で過ごした方のリアルな声を聞きたいです。

もちろんです!オーストラリアのパースで大学の学生寮で過ごされた方の体験談をご紹介しますね。

ACC Mika
学生寮体験談
江西 菜摘さん

西オーストラリア大学(UWA)で交換留学をしている江西さんに、大学寮での生活についてレポート形式で教えてもらいました!

学生寮体験談
田中 健太さん

エディス•コーワン大学(ECU)で交換留学をしている田中さんに、大学寮での生活についてレポート形式で教えてもらいました!

オーストラリアでの滞在方法③シェアハウス

シェアハウスは、オーストラリアでは広く一般的に浸透しているスタイルで、オーストラリア人同士でもシェアハウスに住むことは日常的です。

最初の2週間〜2ヶ月ほどホームステイで過ごし、その後シェアハウスに移るという留学生がオーストラリアでは多く、私もパースで留学した時に同じようにシェアハウスに移りました。

ACC Mika

オーストラリアのシェアハウスの特徴

  • 1人部屋または2人以上のシェアルーム ※バスルーム完備の部屋もあり
  • シェアハウスのオーナーと一緒に住む家もあれば、オーナーなしのシェアメートのみの家もある
  • キッチン、ランドリー、リビング、バスルームは共有
  • 部屋にはベッド、机、クローゼットが完備、リネン類はシェアハウスによっては自分で準備する必要がある
  • 光熱費、Wi-Fi(インターネットは)は家賃に含まれている場合と、別で費用が発生する場合がある
  • 最初に家賃の2〜4週間分を敷金として支払う必要がある(何もなければ基本的に退去時に全額返金される)
  • 住むエリアや部屋タイプを選べば、費用をかなり抑えることができる
  • 現地にいれば、事前に内覧が可能
  • その家によって多少のルールはあっても、一人暮らしに近い生活を実現できる

オーストラリアのシェアハウスの費用

シェアハウスは①部屋のスタイル(何人部屋か)②どのくらいの期間住むか③その家のあるエリア(ゾーン)によって費用が異なります。
また、オーストラリア国内でも住む都市によって相場がかなり異なります。

一般的に住宅価格が高騰しているシドニーはシェアハウスの家賃も高くなっていて、パースを含む地方都市はそこまで高くない、ということが多いです。

ACC Mika

今回は、私が留学したオーストラリアのパースのシェアハウスの一般的な費用をご紹介します。

  • シェアハウス手配料金:基本自分で見つけるので$0
  • 敷金:家賃の2〜4週間分
  • 1週間あたりの家賃:$100〜$250 / 1週間($1=80円計算で約8千〜2万円)

シェアハウスで1ヶ月(4週間)滞在した場合の費用は、約$400〜$1,000($1=80円計算で約3万2千〜8万円)です。※敷金は除く

場合によっては家賃を1週間$100以下にすることも可能。シェアハウスはかなり選択肢の幅があります。

ACC Mika

オーストラリアのシェアハウスの申し込み方法

オーストラリアでは、シェアハウスはご自身で探すのが一般的です。

シェアハウスはエージェントや学校が仲介に入ることがないので、できれば現地に来てから内覧をして自分の目でしっかりと確かめてから決めることをおすすめします。

関連記事
【保存版】トラブル防止!オーストラリアのシェアハウス探し方ガイド【嬉しい英語表現付】

オーストラリアの代表的な滞在方法と言えばシェアハウス。オーストラリアのシェアハウスの相場や、トラブルを防ぐために注意したいポイント、シェアハウス探しに役立つ英語表現など、オーストラリア長期留学経験者がシェアハウスの探し方を徹底的に解説します。

オーストラリアのシェアハウスはどんな人にオススメ?

先に触れた通り、オーストラリアではシェアハウスはごく一般的なスタイルなので、ワーキングホリデーの方や長期留学をされる方は最終的にシェアハウスに住む、という方が多いと思います。

シェアハウスの魅力は、なんと言っても住むエリア、家賃、部屋のスタイルなどを、より自分の希望にあった形にできる可能性があること。

ホームステイや学生寮と比べると選択肢の幅はかなり広く、また、最も一人暮らしに近いスタイルを実現できる滞在方法です。

そのため、なるべく費用を抑えたい方できるだけ落ち着いた環境で過ごしたい方にオススメです。

オーストラリアのシェアハウスの口コミ

悩む人

実際にシェアハウスで過ごした方の体験談を聞きたいです。

もちろんです!それでは私のシェアハウスの体験談をお話ししますね。

ACC Mika

私はパースで最初に2ヶ月弱ホームステイをした後に、シェアハウスに移りました。

シェアハウスは2カ所に住ませていただきましたが、ホームステイと違って私が良かった、と思った点は、

  • 基本的なこと以外に家のルールはほぼなく、自由に過ごせた
  • 他の人と一緒に住んでいるから、時間が合えば一緒にご飯を食べたり、テレビを見たり、出かけたりすることもあったが、基本的には一人暮らしと同じ生活ができた
  • 費用をかなり抑えることができた

ということです。

私はもともとお家大好き人間で(笑)、家でリラックスして過ごせるかどうかはとても大事なポイントでした。
なので内覧をして、できるだけ落ち着いた雰囲気のお家を選ぶようにしていました。

オーストラリアの滞在方法まとめ

項目ホームステイ学生寮シェアハウス
1ヶ月の費用約10万〜12万円約10万〜16万8千円約3万2千〜8万円
部屋スタイル基本は1人部屋1人または複数部屋で選択可1人または複数部屋で選択可
食事1日2〜3食付き自炊または食事付きプランあり自炊
光熱費費用に含まれる費用に含まれる別途請求される場合がある
敷金なし住む期間によって家賃の2〜4週間分家賃の2〜4週間分
施設の充実度
生活の自由度
申込みにかかる時間約1週間〜1ヶ月約1週間〜1ヶ月数日〜1週間

滞在方法が選びきれない…そんな方にはこの方法がオススメ!

悩む人

それぞれ良し悪しがあって、選びきれません…

見てもいないものを選べと言われても難しい、と感じる方もいらっしゃいますよね。

そんな方には最初はホテルやバックパッカーなどで数日〜1週間前後滞在されて、その間に学生寮やシェアハウスを内覧するのがオススメです。

日本にいる間に内覧のスケジュールを決めておけば、時間も節約できますし、複数の場所を見比べて、雰囲気も確認しながら検討することができますよ。

たとえバックパッカーであっても宿泊費は決して安くないですし、セキュリティ面から言っても長期滞在はオススメしません。ホテルやバックパッカーでの滞在はなるべく短期間のみにしましょう。

ACC Mika

オーストラリアの留学生活をより快適にするために、自分にぴったりの滞在方法を選ぼう!

今回はオーストラリアの代表的な滞在方法であるホームステイ、学生寮、シェアハウスをそれぞれの特徴を押さえながら比較してみました。

どの滞在方法であっても、それぞれメリット、デメリットがありますから、大事なのはご自身にぴったりの滞在方法を選ぶということ。

ACCのスタッフは全員オーストラリアで2年以上の長期留学を経験しているので、滞在方法についても体験談を含めて具体的なアドバイスが可能です。

より詳しい情報を知りたい、という場合にはお気軽にご相談くださいね。

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

この記事を書いた人

Mika

オーストラリア、パースで20代後半から英語力•スキルを身につけるための留学を敢行。留学で得た経験を活かして、ACCのキャリアコンサルタント、グラフィック&ウェブデザイナーとして活躍中。愛犬とパースの自然、飾らないライフスタイルが大好き。

ACCのスタッフは全員オーストラリア長期留学経験者

大好評!ACCスタッフのオーストラリア留学体験を赤裸々に語ったブログスタイルの体験談もぜひチェックしてみてくださいね!