英語力ゼロ・スキル無しの私が海外で生活&仕事をするまでのブログ

私の留学日記14 専門コースの挫折後に必死にやったこと3つ

更新日:2014/10/03

こんにちは、ACCキャリアコンサルタントのMikaです。

こちらのブログで書いた通り、専門コースへ進学してすぐに英語力と初めての分野での勉強で、全く授業について行くことができずに大きな挫折を味わった私でしたが、東日本大震災を契機に家族の暖かくて大きな後押しも追い風となって、今まで以上にしっかり勉強しよう!と覚悟が決まりました。

専門コースの挫折後に必死にやったこと① 予習と復習

授業に着いて行けなかった私がまず力を入れてやったことは予習と復習
当たり前と言えば当たり前のことですが、予習と復習なんて高校生以来していなかったのでは、というくらい本気で取り組みました(笑)。

授業についていけなかった大きな原因の一つに、知識ゼロで始めた新しい勉強=知らない専門用語がたくさん(しかも英語)出てくるということがありました。私はTAFEの専門コースで印刷とグラフィックデザインの勉強をしたので、授業中は印刷技術やデザインに関する用語がいつも飛び交っていた訳ですが、もちろん何度も聞く言葉は徐々に覚えて行くのですが、最初は本当にチンプンカンプン。だからこそ、テキストに載っているわからない単語はできるだけ授業前に全て調べておくようにしていました。わからない単語が多すぎて、なんでこんなにわからないんだろう…と凹むこともしばしばでしたが(苦笑)、それでもめげずに続けて行きました。

その当時は調べた単語を忘れるたびに、あぁ!と思っていましたが、実は忘れることは覚える上でとても大事なことです。
人間の脳は何かを覚える→忘れるを3〜4回繰り返すことによって、初めて『記憶』として定着します。
英語学習の上で『暗記』は非常に大切な要素になりますので、ぜひ頭の片隅に入れておいてください。

復習に関しては、授業のある日は毎日学校の図書館が閉まるまでパソコンに向かってその日の授業で習ったことをもう一度やってみたり、苦手なものに関しては何度も何度も繰り返し取り組みました。

専門コースの挫折後に必死にやったこと② 授業中はできるだけ『聞く』ことに専念

コースの最初の方は特にデザインする上で必要なソフトウェアの使い方や、印刷のために必要な設定等、テクニカルな内容のものが多かったので、これを押さえればあとで自分でも試したり復習することができる!と考え、できるだけ先生の説明をきちんと聞けるように心がけました。
そのため、授業中だけでは課題が終わらない、ということもしばしばでしたので、上記の復習と合わせて、図書館や空いている教室で夜遅くまで作業をしていました。

テクニカルな内容は最初にきちんと理解できればあとは困ることはありませんので、そこを最初に理解しようとした結果、後々の作業効率のアップにも繋がり、とても良かったです。
デザインで使用するソフトウェアはTAFEで勉強する前まで一度も触ったことがありませんでしたが、幸いそういった新しいソフトウェアの勉強等は好きだったので、それも大きな助けとなりました。

専門コースの挫折後に必死にやったこと③ ローカル学生に負けない『何か』を身につける

多くの留学生は、そもそも英語がネイティブではないという点でローカル学生と比べれば大きなビハインドがあると私は思います。
私自身、英語が聞き取れない、単語がわからないからこそ授業の内容が分からない、ついていけない、というところがありました。

しかし、そのままではこれから海外就職をしたり、移住をしたりすることを考えると、ネイティブには太刀打ちできません。
海外でサバイブしていくためには、ネイティブスピーカーに負けない『何か』を武器として持っていることが必要不可欠です。

そこで私が最初に意識したことは、必ず『デットライン=締め切り』を守るということ。
これまた日本では当たり前、と思われるかもしれませんが、オーストラリアではこの締め切りを当然のように守らない、守れないケースも多々あります。
学生だと、余計にまだ学生だから…という意識があるのか、少し締め切りを超えても大丈夫、と思って取り組んでいる人が多くいましたが、私は学生のうちにできないことはその後仕事でもできないと思っています。
なので、私は自分の中で絶対に締め切りは守るという目標を作りました。
先述の通り、オーストラリアでは締め切りを守らないことがたくさんあるからこそ、きちんとスケジュールに沿ってできることは非常に重宝され、『あいつに任せたら、きちんと仕事をする』と、周りの見方も変わります。

専門コースが始まったばかりで、英語もわからないし、知識もないし、取り組んだことは小さなことかもしれませんが、それでもこうやって自分は他の生徒より抜きん出てできることは何か?と意識して取り組んだことは、その後の私の勉強の成果にも多いに表れてきました。

上記の取り組みを根気づよく続けた結果はいかに?!また次回のブログでお話しさせていただきたいと思います。


☆★☆★ブログランキング参加中☆★☆★ぜひ下のボタンをポチッとお願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外就職へ  オーストラリア留学 ブログランキングへ  FC2 Blog Ranking

ACCスタッフブログ 関連記事