スタッフブログ
Blog

オーストラリア滞在中に気をつけたい学生ビザのルール5つ

こんにちは、オーストラリア•キャリアセンター(ACC)のMikaです。
当ウェブサイトをご覧いただき、ありがとうございます。

悩む人

オーストラリアに学生ビザで留学したいと思っています。アルバイトに関するルールやその他学生ビザで滞在中に気をつけた方がいいことがあれば教えてください。

今日はこんな疑問にお答えします。

本記事はこんな方におすすめ

  • オーストラリアに学生ビザで留学することを検討している
  • オーストラリアで学生ビザに切り替えたい、延長したい
  • オーストラリアの学生ビザのルールを知りたい

本記事の信頼性

3年半の留学について赤裸々に語っている留学体験談は、おかげさまでたくさんの皆さんから共感をいただいています。

ACC Mika

オーストラリア留学に欠かせない学生ビザ
中長期的に英語力を伸ばしたり、専門的なスキルや資格を身につけたり、学位を取得するには持ってこいのビザです。

学生ビザではアルバイトを含めてできることがたくさんありますが、それぞれ条件やルールがあります。

これを知らないまま、意図せず違法滞在や違法労働をしてしまっていた、ということで我々ACCにご相談をいただくこともあるため、今回は、オーストラリアに学生ビザで滞在する時に気をつけたい、学生ビザのルールをご紹介します。

なそ、そもそもオーストラリアの学生ビザについて詳しく知りたい、という方は下記の記事を参考にしてくださいね。

関連記事
オーストラリア留学に不可欠な学生ビザを徹底解説!費用や申請方法、条件など

オーストラリアに留学したいと考えている方必見!オーストラリアの学生ビザの申請方法、条件、費用、滞在中のルールなど、学生ビザの詳細を徹底解説します。安心して留学準備を進められるように、学生ビザについて理解を深めましょう。

オーストラリアの学生ビザでできること

まずはオーストラリアの学生ビザでできることをおさらいしましょう。

  • オーストラリアの学校でフルタイムの就学が可能
  • 一定の条件付きでアルバイトが可能
  • 条件を満たせば家族を一つの学生ビザに含めて帯同することができる
  • 学生ビザ期間中は何度でもオーストラリア出国•入国が可能

オーストラリアの学生ビザはその名の通り、オーストラリアで勉強することができるビザです。

ACC Mika

オーストラリアの学生ビザで気をつけたいルール①指定された学校でフルタイムのコースに通う必要がある

オーストラリアで学生ビザに滞在するためには、CRICOS (Commonwealth Register of Institutions and Courses for Oversea Students)に登録された学校でフルタイムのコースに通う必要があります。

オーストラリア国内には数え切れないほどの学校がありますが、どの学校に入学してもいい、というわけではなく、留学生向けに必要な要件を満たしている学校=CRICOS登録のある学校、コースに通わなければいけません。

学校だけでなく、コースもCRICOS登録がされている必要があります。例えば学校自体が登録されていても、1日〜数日で修了する短期コース単体では学生ビザ申請はできませんので、ご注意ください。

ACC Mika

また、勉強がメインのビザなので、学校にはフルタイムで通う必要があります。

ワーキングホリデービザであれば、学校はパートタイムで通うことができます。

ACC Mika

オーストラリアの学生ビザで気をつけたいルール②常に出席率は80%以上を維持

オーストラリアに学生ビザで滞在している間は、常に出席率を80%以上に維持する必要があります。

万が一80%を切ってしまった場合には、学校からオーストラリアの移民省へ報告する義務がありますので、最悪ビザがキャンセルとなってしまう可能性があります。

悩む人

体調不良でどうしても休まなければいけない時もあると思うのですが、こういう場合も出席率に影響がありますか?

病院でMedical Certificate(メディカル•サーティフィケート)を発行してもらい、学校に提出すれば、出席率に影響はでないのでご安心ください。

ACC Mika
関連記事
【オーストラリア留学】現地で病気になったらどうする?

オーストラリアで病気になったらどうしよう…そんな不安を解消すべく、パースで15年以上医療現場に携わっている日本語医療センターの千綿さんからオーストラリアの医療制度や現地で病気•ケガをした時に具体的にどうすれば良いか、教えていただきました!

また、もし学校の授業についていくのが大変、思うように進まなくて学校へあまり行きたくない、と感じることがあれば、必ずお世話になっている留学エージェントや学校の学生サポート窓口に早めに相談しましょう。

どんな理由であれ、何の申告もなしにお休みが続いてしまうと、出席率がどんどん下がってしまい、学生ビザに影響が出てしまう可能性がありますので、ご注意くださいね。

オーストラリアの学生ビザで気をつけたいルール③仕事のルールを守ろう

オーストラリアの学生ビザでは一定の条件下でアルバイトができます。

私もこのアルバイトのおかげで、経済面だけでなく、経験を積んだり、交流の輪を広げることができました。

しかし、決められている就労制限以上の時間数でアルバイトをするなどのルール違反が発覚すると、最悪お持ちの学生ビザがキャンセルとなってしまう可能性があります。

オーストラリア移民省と税務署はCOEと呼ばれる、学校から発行される入学許可証を通して情報が通じています。

ACC Mika

学生ビザの仕事のルールの詳細は下記でまとめているので、よければ参考にしてみてくださいね。

関連記事
【オーストラリア留学】学生ビザでバイトはOK?学生ビザの仕事条件を解説

オーストラリアに学生ビザで留学する場合、一定の条件はありますが、アルバイトができます。オーストラリアに来て、アルバイトがスムーズにスタートできるように、学生ビザの仕事に関するルールや条件を詳しく解説します。

オーストラリアの学生ビザで気をつけたいルール④ビザの切り替え•延長

オーストラリアでもう少し勉強したい、となった時は、要件を満たせばオーストラリア国内で学生ビザに切り替えたり、延長することができます。

しかし、これもルールを知らないと、いつの間にか違法滞在、違法労働をしていた、となりかねないので、ビザの切り替えや延長を考えている方は下記の記事を参考にしてみてくださいね。

関連記事
オーストラリアで学生ビザの切り替え、延長する場合に注意したいポイント4つ

オーストラリアでこれから学生ビザに切り替えたい、延長したい方がスムーズに準備ができるように、切り替え•延長時に注意したいポイントをまとめました。この4つのポイントを押さえれば、安心して準備が進められますよ。

オーストラリアの学生ビザで気をつけたいルール⑤入国•出国

最初に触れた通り、学生ビザの期間中は、回数制限なくオーストラリアから出国→再入国ができます。

私も学校の夏休みなどの長期休暇を利用して、日本に一時帰国していました!

ACC Mika

もし何らかの事情でオーストラリアを出て、学生ビザの有効期限の直近になって再入国する際には、空港で再入国の理由を問われる可能性があります。

理由は、「もうすぐ学生ビザが切れるのに、なぜ今オーストラリアに入ってくるんだ?ここで入ったらビザがない状態で、違法滞在を続けるのではないか?」と疑われてしまう可能性があるためです。

きちんと理由を述べられれば問題ないことがほとんどなので、もしこういうケースに当てはまる場合はご注意くださいね。

オーストラリアで安心して留学生活を送るために、学生ビザのルールを押さえておこう!

今回は、オーストラリアに学生ビザで滞在する際に気をつけたい、学生ビザのルールを5つに分けてご紹介しました。

「自分の場合はどうなるんだろう?」と何か気になることがある方は、お気軽にご相談くださいね。

この記事が皆さんのオーストラリア留学生活に役に立てば嬉しいです。

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

この記事を書いた人

Mika

オーストラリア、パースで20代後半から英語力•スキルを身につけるための留学を敢行。留学で得た経験を活かして、ACCのキャリアコンサルタント、グラフィック&ウェブデザイナーとして活躍中。愛犬とパースの自然、飾らないライフスタイルが大好き。

ACCのスタッフは全員オーストラリア長期留学経験者

大好評!ACCスタッフのオーストラリア留学体験を赤裸々に語ったブログスタイルの体験談もぜひチェックしてみてくださいね!