英語力ゼロ・スキル無しの私が海外で生活&仕事をするまでのブログ

英語が「伸びない」と思った時が本当のチャンス!

更新日:2016/02/10

こんにちは、ACCキャリアコンサルタントのMikaです。

英語の勉強をしていると、ある一定のレベルまでは順調に伸びていき、その後パタッと伸びが止まってしまったように感じたり、時には悪くなっている、と感じることがあります。
そのような時は気持ちが焦ってしまったり、こんなに勉強してるのに!というストレスを感じたり、はたまた「私には才能がないのかも…」と落ち込んでしまうことも少なくありません。

でも、大丈夫!

「伸びない」と感じている時こそ、実は伸びている途中、伸びるために必要な時間なのです。

皆さんは、「成長曲線」という言葉を聞いたことがありますか?
成長曲線とは、

人間の身体的発達の程度を、横軸を年齢、縦軸を調べたいデータとするグラフで表した曲線である。Wikipedia

という意味ですが、これは身体的な発達のみならず、全ての成長に関して言えることだと私は思います。

どういうことかと言うと、人の成長は下図のグレーの点線のような直線ではなく、オレンジの曲線のように進んでいくということ。
1+1=2や掛け算的に、こうすれば絶対増えていく、ということではなく、例えば階段にある踊り場のように一瞬停滞したかのように見える時間があるということです。

b125-02

この停滞期がどれだけの長さになるかは人によって短かったり結構長かったりそれぞれだと思いますし、だからこそ特に長い人は「私はやっぱりダメなんだ…」と諦めてしまうことに繋がるのかもしれません。
しかし、上記の図を見てもわかる通り、停滞期を過ごした後は成長曲線がグンと上向きになり、成長の速度が速まります

遠くに飛ぶためには長い助走も必要になる。

これを理解した上で勉強に取り組めるかどうかが成長曲線の上向き具合にも関係して来るのかもしれません。
とはいえ、時にはリフレッシュも必要ですから、自分の英語力に自信がなくなったときにやりたいことにも書かせていただいたような自分なりのリフレッシュ方法も探してみてくださいね。


☆★☆★ブログランキング参加中☆★☆★ぜひ下のボタンをポチッとお願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外就職へ  オーストラリア留学 ブログランキングへ  FC2 Blog Ranking

ACCスタッフブログ 関連記事