ACCスタッフブログ Blog

英語が「伸びない」と思った時が本当のチャンス!

  • 2016/02/10
  • 2020/08/06

こんにちは、ACCキャリアコンサルタントのMikaです。

英語の勉強をしていると、ある一定のレベルまでは順調に伸びていき、その後パタッと伸びが止まってしまったように感じたり、時には悪くなっている、と感じることがあります。
そのような時は気持ちが焦ってしまったり、こんなに勉強してるのに!というストレスを感じたり、はたまた「私には才能がないのかも…」と落ち込んでしまうことも少なくありません。

でも、大丈夫!

「伸びない」と感じている時こそ、実は伸びている途中、伸びるために必要な時間なのです。

皆さんは、「成長曲線」という言葉を聞いたことがありますか?
成長曲線とは、

人間の身体的発達の程度を、横軸を年齢、縦軸を調べたいデータとするグラフで表した曲線である。ー Wikipedia

という意味ですが、これは身体的な発達のみならず、全ての成長に関して言えることだと私は思います。

どういうことかと言うと、人の成長は下図のグレーの点線のような直線ではなく、オレンジの曲線のように進んでいくということ。
1+1=2や掛け算的に、こうすれば絶対増えていく、ということではなく、例えば階段にある踊り場のように一瞬停滞したかのように見える時間があるということです。

この停滞期がどれだけの長さになるかは人によって短かったり結構長かったりそれぞれだと思いますし、だからこそ特に長い人は「私はやっぱりダメなんだ…」と諦めてしまうことに繋がるのかもしれません。
しかし、上記の図を見てもわかる通り、停滞期を過ごした後は成長曲線がグンと上向きになり、成長の速度が速まります

遠くに飛ぶためには長い助走も必要になる。

これを理解した上で勉強に取り組めるかどうかが成長曲線の上向き具合にも関係して来るのかもしれません。
とはいえ、時にはリフレッシュも必要ですから、自分の英語力に自信がなくなったときにやりたいことにも書かせていただいたような自分なりのリフレッシュ方法も探してみてくださいね。

<ブログランキング参加中!応援よろしくお願い致します。>

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外就職へ    

プロフィール

熊谷 美佳 MIKA KUMAGAI

キャリアコンサルタント

英語力もスキルも、何もなくても大丈夫。ゼロからスタートできる環境がここにあります。

大学在学中にイギリス・ロンドンへの短期語学留学を期に、英語及び英語圏での暮らしに大きな魅力を感じる。卒業後、コールセンター管理職として劇務をこなす中「人生後悔したくない」と念願の長期留学を決意。20代後半、英語力ゼロ、スキル無しの状態からTAFEでグラフィックデザインを学ぶ。現在はキャリアコンサルタントとして皆様の相談に乗る一方で、ACCのウェブを含めたWeb・グラフィックデザイナーとしても活躍中。

ACCの6つの特徴

  1. スタッフ全員オーストラリアで専門学校以上の長期留学経験者
  2. 日経で唯一パースに特化した留学エージェント
  3. 社内に人材紹介派遣部門がある就職に強いエージェント
  4. オーストラリアで唯一現役の採用担当者からキャリア•アドバイスをもらえる
  5. パースで人気No.1の日本語情報誌を自ら発行してしまうくらいパースが大好き
  6. ワーホリ•留学•就職•移住•ビザ、全部丸ごとサポートするエージェント

ACCで良かった! 現役留学生•卒業生に聞いた

ACCを選んだ理由

  1. 学校だけでなく、ビザや就職の相談にも乗ってくれるトータルサポート力
  2. パースにオフィスがあるから留学生活が安心!
  3. オーストラリア留学経験者がサポートしてくれる

有料エージェントにサポートを依頼した時、とても事務的に感じたましたが、A CCさんはとにかく元気ハツラツ!笑 皆さんパースが大好きで、経験からアドバイスしてくれることが多かったので、自分に置き換えて現実的に考えることもできました。オフィスだけでなくL I N E でのサポートもすごく助かっていますし、無料でここまでしていただけるのは申し訳ないと思うこともあります。笑 − Satomiさん

留学・就職・永住のご相談はお気軽にACCまでどうぞ!