スタッフブログ
Blog

【オーストラリア留学】現地で病気になったらどうする?

こんにちは、オーストラリア•キャリアセンター(ACC)のMikaです。
当ウェブサイトをご覧いただき、ありがとうございます。

悩む人

オーストラリアに無事に到着しましたが、日本と季節が真逆なので体調を崩してしまいました。まだ英語が全然話せないので、病院で上手く対応できるか心配です。

今日はこんなお悩みにお答えします。

本記事はこんな方におすすめ

  • オーストラリアで病気になったりケガをした時にどうすれば良いか知りたい
  • オーストラリア留学•ワーホリへ向けて準備をしている
  • オーストラリアの医療制度について、日本語で情報を得たい

本記事の信頼性

3年半の留学について赤裸々に語っている留学体験談は、おかげさまでたくさんの皆さんから共感をいただいています。

ACC Mika

オーストラリアに限らずですが、海外に出て一番心配なのが病気になった時だと思います。

今回はそんな不安を解消すべく、パースで15年以上医療現場に携わっている日本語医療センターの千綿さんからオーストラリアの医療制度現地で病気•ケガをした時に具体的にどうすれば良いか、教えていただきました!

千綿さん

日本語医療センター メルボルン•パースのオフィスマネージャー兼医療通訳をしている千綿です。今日はよろしくお願い致します。

いつもお世話になっております。こちらこそ、今日はよろしくお願い致します!

ACC Mika

オーストラリアの医療制度

日本の場合は、内科、外科、皮膚科、眼科など、ご自身の症状に合わせて特定の診療科を受診をしますが、オーストラリアの場合はまず最初にGP(一般開業医)を受診します。

GPは歯科を除く全科の診察が可能(※)で、もしGPでの診察ができない場合にはスペシャリスト(専門医)の紹介となります。

千綿さん

基本的に診察は緊急時以外を除いて予約制になっています。

GPで診察できる症状の一例

  • 風邪
  • 胃腸炎
  • 喘息
  • 花粉症
  • 虫刺されや湿疹など皮膚のトラブル
  • けがをした際の傷口の手当てや縫合
  • 子供の病気
  • 乳児検診
  • 予防接種
  • ストレスやうつ症状などの精神科問題
  • 耳鼻科や眼科(ただしめがねやコンタクトの処方を除く)
  • おりものや生理のトラブルなど婦人科系
  • 乳がんや子宮ガン検診
  • 妊娠
  • 性感染症や男性問題
  • アレルギー
  • 健康診断
  • 海外旅行に伴う予防
  • 接種について

日本語医療センターはどのように利用することができるの?

日本語医療センターさんはどのように利用することができるのでしょうか?

ACC Mika
千綿さん

当センターは上記で触れたGPに当たりますので、どんな症状であれ「診察を受けたい」となったらまず訪れていただける場所です。

日本語医療センターの大きな特徴は、下記の4つが挙げられます。

  • 日本人スタッフが常駐しているため、診察の予約•受付が日本語で可能
  • 日本語の通訳付きの診察が可能
  • 日本語医療センター外部での専門医受診や入院の際も通訳派遣が可能
  • 日本で海外傷害旅行保険に加入した場合は、キャッシュレスサービスで診察代、検査代、薬代、通訳代などの一切の支払いの心配をせずに受診することができる(保険適応外ケースあり)

細かい症状を英語で伝えるのは難しいし、専門用語も分からないから、日本語でしっかりサポートしてもらえるのは嬉しいですね!

ACC Mika

実際にどんな症状で日本語医療センターを訪れる人がいるの?

実際にどんな症状で日本語医療センターを利用される方がいるのでしょうか?

ACC Mika
千綿さん

風邪やケガなどの他、女性ならではのトラブル、メンタルに関わるご相談や診断も多いですね。

なんと日本語医療センターを利用される患者さんの約6割が女性ということで、女性ならではの相談も多いんだそう。

千綿さん

特に多いのが生理のトラブルですが、他のことも全て診察が可能です。また女性医師を指定することもできるので、ご安心くださいね。

また、最近多いのがメンタルに関わるご相談や診断
やはり環境が変わってストレスから鬱や不安症などになる方も少なくありません。

千綿さん

ACCさんのように留学経験者のコンサルタントさんが現地にいらっしゃれば、お話を聞いてもらえたり、経験を踏まえたアドバイスをいただけるのは、来る方にとって大きな支えになると思います。どうしても辛い時は、病院でもこういった相談は承っていますので、気軽にご連絡くださいね。

オーストラリア渡航前に日本で医療保険に加入すべき?

ズバリ、日本の医療保険には加入した方がいいのでしょうか?

ACC Mika
千綿さん

万が一の時のことを考えて、滞在期間や滞在目的に応じて医療保険には必ず入って渡豪されることをおすすめします。

保険なしの場合、オーストラリアの医療費はかなり高額になります!

もし病気やケガで入院するとなった場合、保険が何もなければ1日のベッド代は約AUD$2,000($1=80円計算で約16万円)となります。

ただこれはあくまでもベッド代のみで、その他の治療費用が更に加算されることになり、2,3日の入院でも医療費は高額となります。

ものすごく高い…!「大丈夫」と思っている時ほど何かアンラッキーな出来事が起きたりすることもありますから、備えあれば憂いなし、としておきたいですね。

ACC Mika

日本の医療保険に加入していれば、便利なキャッシュレスサービスも受けられる!

千綿さん

日本で海外傷害旅行保険(※)に加入した場合は、当センターをご利用いただくことで、キャッシュレスサービスで診察代、検査代、薬代、通訳代などの一切の支払いの心配をせずに受診することができます。

対象の海外旅行保険の一例

  • 東京日動火災
  • 損保ジャパン日本興亜
  • AIU
  • 三井住友
  • 朝日火災
  • JI
  • あいおいニッセイ同和
  • エース
  • HS
  • 各種クレジットカード付帯

学生ビザで渡豪予定の方は留学生保険(OSHC)への加入を忘れずに!

オーストラリアに学生ビザで滞在する場合には学生保険 (OSHC)への加入が必須ですよね。

ACC Mika
千綿さん

そうですね。留学生保険は医療費の一部がカバーされ、また上限付きになはりますが処方箋薬もカバーされます。医療費の自己負担分は1回の診察につき約$30〜40前後で、入院費や入院に伴う検査•治療費もほぼカバーされます。

関連記事
オーストラリア留学に必須の留学生保険OSHCを徹底解説【費用、カバー内容、加入方法など】

学生ビザでオーストラリアに滞在する場合、必ず加入しなければいけない留学生保険、通称「OSHC」を徹底解説!費用、カバー内容、加入方法、注意すべきポイントなど、申し込む前に確認したい点を全て網羅しました!

オーストラリア渡航前に医療関連で準備しておくことはある?

日本を出発する前に準備しておいたほうが良いことがあれば教えてください。

ACC Mika
千綿さん

渡航前に医療保険への加入や現在の健康状態について確認をしておきましょう。

具体的には、

  • 滞在期間や目的に合わせて、医療保険に加入する
  • 歯の治療はなるべく日本にいるうちに済ませておく
  • 慢性疾患をお持ちの方は、その情報、また服用中の薬があればその情報をまとめておく
千綿さん

慢性疾患をお持ちの方は、かかりつけ医に英語のレターを発行してもらえるかどうか、聞いてみるのも良いですね。

千綿さん、ありがとうございました!

ACC Mika

オーストラリア 日本語医療センターの詳細

  • パース:1/713 Hay St, Perth WA 6000
  • メルボルン:Level 4 / 250 Collins Street, Melbourne VIC 3000
  • 電話番号:1800 777 313 ※固定回線からのみ通話料無料
  • ウェブサイト:日本語医療センター

この記事を書いた人

Mika

オーストラリア、パースで20代後半から英語力•スキルを身につけるための留学を敢行。留学で得た経験を活かして、ACCのキャリアコンサルタント、グラフィック&ウェブデザイナーとして活躍中。愛犬とパースの自然、飾らないライフスタイルが大好き。

ACCのスタッフは全員オーストラリア長期留学経験者

大好評!ACCスタッフのオーストラリア留学体験を赤裸々に語ったブログスタイルの体験談もぜひチェックしてみてくださいね!