ACCスタッフブログ Blog

日本とオーストラリアで働いてみて感じる、自分が一番変わったこと

  • 2016/03/04
  • 2020/07/30

こんにちは、ACCキャリアコンサルタントのMikaです。

まずは自己紹介でも書かせていただきましたが、私は日本で大学卒業後、3年間コールセンターの管理者として仕事をしていました。
その後パース留学を経て、こちらでお仕事をさせていただくことになりましたが、それぞれの国で仕事をしてみて、「自分、変わったなぁ」と思うことがあります。
それは、


「あ〜、明日仕事行きたくないな」と思わなくなったこと

そこかよ!と思われた方もいたかもしれませんが(笑)、私にとってはとても大きなこと。

日本で働いていた時、私は病気になるくらいストレスを抱えてしまっていました。
日曜日の夜は、ほぼ毎週のようにいわゆる「サザエさん症候群」になり、時には次の日に仕事に行くのが嫌で嫌で泣いていた時もありました(苦笑)。
人生の中で大きな時間を占める仕事でこのような状態では、全然楽しくないですし息が詰まりますよね。

今パースでさせていただいている仕事が決して楽になったわけではないんです。
むしろ時期によっては、時間や濃度の観点で日本にいた時より遥かにものすごい勢いで働いているときもあります(笑)。
だから、もちろん「疲れた〜」「しんどい〜」と思う時もありますし、プライベートな時間でも「明日はコレをやらなきゃ!」と考えている時もあります。
それでも、「あ〜、明日仕事行きたくないな」と思ったことは今の仕事を始めてから一度もありません

何が違うのかな?と思った時に、何よりも自分の気持ちが違うということ。
労働環境や生活環境等もあるかもしれませんが、実はもっとシンプルで、自分が好きなことをしているから、同じように大変なことをしていても、「大変だ」と思っても「嫌だ」「苦しい」「やりたくない」とは思っていない。ただそれだけなんだと思います。

でもそれだけで自分の生活の充実度が全然違う
自分の気持ちって本当に大切ですよね。
自分の人生をよりハッピーに、より充実したものにするために、自分の好きなことを大切に、わがままに生きることが大事だし、特に日本で身を粉にして毎日頑張っている方に声を大にして伝えたいことでもあります。

<ブログランキング参加中!応援よろしくお願い致します。>

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外就職へ    

プロフィール

熊谷 美佳 MIKA KUMAGAI

キャリアコンサルタント

英語力もスキルも、何もなくても大丈夫。ゼロからスタートできる環境がここにあります。

大学在学中にイギリス・ロンドンへの短期語学留学を期に、英語及び英語圏での暮らしに大きな魅力を感じる。卒業後、コールセンター管理職として劇務をこなす中「人生後悔したくない」と念願の長期留学を決意。20代後半、英語力ゼロ、スキル無しの状態からTAFEでグラフィックデザインを学ぶ。現在はキャリアコンサルタントとして皆様の相談に乗る一方で、ACCのウェブを含めたWeb・グラフィックデザイナーとしても活躍中。

ACCの6つの特徴

  1. スタッフ全員オーストラリアで専門学校以上の長期留学経験者
  2. 日経で唯一パースに特化した留学エージェント
  3. 社内に人材紹介派遣部門がある就職に強いエージェント
  4. オーストラリアで唯一現役の採用担当者からキャリア•アドバイスをもらえる
  5. パースで人気No.1の日本語情報誌を自ら発行してしまうくらいパースが大好き
  6. ワーホリ•留学•就職•移住•ビザ、全部丸ごとサポートするエージェント

ACCで良かった! 現役留学生•卒業生に聞いた

ACCを選んだ理由

  1. 学校だけでなく、ビザや就職の相談にも乗ってくれるトータルサポート力
  2. パースにオフィスがあるから留学生活が安心!
  3. オーストラリア留学経験者がサポートしてくれる

有料エージェントにサポートを依頼した時、とても事務的に感じたましたが、A CCさんはとにかく元気ハツラツ!笑 皆さんパースが大好きで、経験からアドバイスしてくれることが多かったので、自分に置き換えて現実的に考えることもできました。オフィスだけでなくL I N E でのサポートもすごく助かっていますし、無料でここまでしていただけるのは申し訳ないと思うこともあります。笑 − Satomiさん

留学・就職・永住のご相談はお気軽にACCまでどうぞ!