留学•就職体験談 Testimonials

英語を学びながら半年間の
ゴルフ留学!

堀尾 一平さん

IPPEI HORIO

  • 留学先: AILFE (アルフィー)
  • コース: 一般英語
    General English
  • 留学期間: 2017年4月〜半年間
パースに留学することになったきっかけは?

スポーツで有名な高校に入学し、完全寮生活でどっぷりと野球中心の生活だった3年間を過ごしました。
思いっきり野球に打ち込んだからこそ、卒業後の進路については就職も大学進学もあまりピンと来ず、「だったら海外に出てみようかな」と考え、高校卒業後まずはフィリピンで英語力のボトムアップをはかり、そこでオーストラリアに行くたくさんの人に出会い、オーストラリアはワーキングホリデーの制度で勉強も仕事もできる事を知りました。
行き先は日本人が少なく、海がきれいと聞いたパースに興味を持ち、2014年の9月にパースに来ました。

パースは自分が想像していた「外国」の雰囲気があって、でも都会過ぎず、すぐに気に入りました。1ヶ月だけ語学学校に通い、その後はもともと色んなものを見てみたいと思っていたので、そのままオーストラリア1周の旅に出る事に。その後、シドニーなどの大きな都市でも暮らしてみたものの、やっぱり一番好きなのはパースだと思い、残りの期間はパースで過ごしました。

ラッキーなことにパースに戻ってすぐに仕事が見つかり、クリーナーとして働き始めました。

そんな時、前々から興味のあったゴルフをしに友達と出かけたところ、すぐにゴルフの虜に。
ゴルフはグループで回ったとしても常に自分との戦い。攻め方を頭の中で考えることはもちろん、自分の感情をコントロールしながらプレイすることは難しいが、だからこそ攻略したい!と思い、練習を積み重ねていきました。

パースで学生ビザで滞在することになった経緯を教えてください。

セカンド•ワーキングホリデーのビザも終わりを迎え、日本での生活を再スタートさせようと思っていたのですが、正直な所自分の英語力の伸びやパースに心残りがありました。
そのため一旦観光ビザで戻り、知り合いからACCさんを紹介してもらって、最後に半年間の語学留学を決意しました。

留学中は、仕事、ゴルフをバランスよく楽しみながら充実した毎日を送ることができました。
もともとスポーツをやっていて忍耐力はあったと自負していますが、ゴルフを通してさらに精神的に鍛えられ成長することができたと思います。<br>
日本に帰国後就職活動に臨み、大好きなゴルフに携われる仕事に就くことができました。実力次第で年齢など関係なく昇進できる環境はすごく自分に合っていて、これからも多くのことを学んでいきたいです。

パースの日本語情報誌『エキスパース』に堀尾さんの留学ライフが掲載されました!

パースで一番読まれている日本語情報誌『エキスパース』で堀尾さんのパースライフが取り上げられています。
ぜひ誌面かエキスパースウェブサイト『夢追人』のコーナーからチェックしてみてくださいね!

留学・就職・永住のご相談はお気軽にACCまでどうぞ!