留学•就職体験談

留学体験談 − 石井 由衣さん

更新日:2016/11/18

    Yuesan-01

  • コース:リメディアルマッサージ
1. なぜ日本を出てパースへ留学しようと思ったのですか?

大学の卒業旅行で初めてオーストラリアのケアンズに行き、そこで日本からワーキングホリデーで働いている人たちと出会いました。その人たちからいろんな話を聞き、私もワーキングホリデーに興味を持ちました。パースを選んだのは留学経験者の方々がみんな口を揃えてパースはすごく良い所だと言っていたからです。いつかオーストラリアに戻ってこようと決意し、日本で社会人として働きながらお金を貯めていました。元々1年だけのつもりだったのですが、日本にはないパースの魅力に惹かれ、ここに住めたらいいなと漠然と考えるようになりました。

2. 学校ではどんなことを勉強しましたか?

Yuesan-03

私が通っていた学校はマッサージやビューティ、ヘルスサイエンスを専門とした学校です。勉強していたのはマッサージセラピーとリメディアルマッサージという2コースで、計約1年でした。主にマッサージのテクニックや体の神経、筋肉について学び、自分でお店を開いた時のためのビジネス関連の授業もありました。マッサージのクラスはとても楽しかったのですが、私はビジネスの授業が苦手で何回も泣いたことがありましたね笑

3. 永住を目指す上で大変だったことはありますか?

Yuesan-04

最初に働き始めたマッサージショップでビザのスポンサーができないといわれ、そこから他のスポンサー先を見つけるのはやはりすごく大変でした。何件もレジュメを配りましたが返事はなく、セカンドワーキングホリデーのビザ期限も迫っていたので正直すごく焦っていました。でもあきらめずに粘ったおかげで最初のお店からスポンサーをもらい永住につなげることができたので、最後まで頑張ってよかったなと思います。

4. 今後やりたいことはありますか?

Yuesan-02

永住権取得後の2年間はスポンサー先で働かなければいけないという条件があったので、当時はひたすらに働きました。週末も働いていたため、友達と休みが合わなかったりイベントに参加できなかったりと寂しい時もありました。今は自分のやりたいことを思いっきり楽しむため、積極的に出かけたり週末のイベント等にもたくさん参加しています!今後は通訳の勉強をするために今はIELTSの勉強を頑張っています。これからもどんどん新しいことにチャレンジしていきたいです。

4. パースでの留学、永住を考えている方へ一言

Yuesan-05

留学中はもちろん誰でも不安になるはず。でも私は日本人には他の人種にはない我慢強さや底力があると思います!パースの飾らない自由な環境、人の温かさがつらい時も支えてくれたし、永住できてよかったなと心から思います。これから永住を目指す人へ伝えたいことは、自分の興味があることを勉強してほしいということ。好きでもなければ今後ずっと続けていくことはできないはず。ぜひ自分の好きなことを見つけてみてください。


留学・就職・永住のご相談はお気軽にACCまでどうぞ!