留学プラン Study Plan

TAFEで学ぶ、リメディアル•マッサージ

語学•専門学校•大学(院)留学を幅広くカバーするオーストラリア•キャリアセンター(ACC)。
ACCを利用してパースで留学中の学生さんが自ら学校を紹介しながら、パースで勉強する魅力をたっぷりお届けします♪

今回は、州立専門学校TAFE で学べるRemedial Massage(リメディアル•マッサージ)をYukaさん(写真)にご紹介いただきます。

リメディアル•マッサージとは
キャンパス内施設

キャンパス内にはカフェや図書館等の他に自然を活かしたオープンスペースがたくさん。ランチタイムや授業の合間はクラスルームのすぐそばにある中庭の芝生の上で過ごすのが良いリラックスになっています!

リメディアル・マッサージコースは全体の約6割が地元オーストラリア人の学生で、残りが留学生です。私のクラスは日本、台湾、韓国、フランス出身の学生がいて、ローカル・留学生問わずみんな助け合いながら楽しく勉強しています。

授業の様子

授業は週4〜5日で、体の構造の勉強をしたり、マッサージと薬、治療法の関係等を学んだりする他、今は毎週水曜日に実践的にマッサージの練習をしています。

授業中は先生が重要なポイントを何度も繰り返し説明してくれるので、しっかりと理解することができます。また、マッサージクラスでは生徒数が16人以上になると1クラスに先生が2人同時について、生徒の進捗度合いをこまめに確認したり、個別に相談しやすい環境づくりが徹底されています。クラスは半分以上がマッサージ未経験者ですが、みんな着実にスキルを身に付けています。

授業が進んでいくと、学校が運営しているクリニックで実際のお客様に施術をすることになります。実は学校のクリニックはとても評判が良くて、予約でいっぱいになることも。学んだスキルを活かし、お客様にマッサージできるのを今からすごく楽しみにしています。

Rebecca先生

私たちのRemedial Massageコースは実際に使えるスキルを習得することを目指しており、授業中の練習だけではなくパブリックにオープンしているクリニックでのお客様への施術も必須項目としてカリキュラムに取り入れています。また、地元のクリニックやマッサージ・ショップとも交流が深く、卒業生の就職率も高いです。留学生の中にはスポンサーを得て永住権を取得する方も少なくありません。

Yukaさんに質問してみました!

Yukaさんの学校紹介で楽しく勉強している様子がよくわかりました!逆に大変だな、と思うことはありますか?

筋肉や骨格等の専門用語を英語で勉強するのがとても難しいです。時間が足りないくらい充実していますが、今後は勉強とアルバイト、プライベートの両立もしっかり考えていきたいです。

どんな人にリメディアル・マッサージコースはオススメですか?

Remedial Massageはマッサージを通して、人に癒しと幸せを与えられると思います。なので人の助けになりたい、役に立ちたいと思う方はもちろん、家族等身近な人へマッサージをしたい、という人にもオススメです。

将来の夢を教えてください。

マッサージをすることで人は体が柔らかくなると同時に、心も開いてくれると実感しています。そうやって体の内側から健康になることによって個人個人が自然体で輝ける生き方をサポートできるようなマッサージ・セラピストになりたいです。

TAFE(テーフ)ってどんな学校?

Chris Hogg氏(TAFEアジア地域マネージャー)

TAFE(テーフ) (CLICOS: 00020G,01723A RTO:52395)は州立の専門学校で、調理師や自動車整備士、介護福祉士などいわゆる「手に職」系職種の職業訓練校でもあります。常に250以上のコースを提供していて、地元のオーストラリア人学生も数多く通う点は、私立の専門学校と大きく一線を画す点です。職業訓練校というだけあって社会に出て役立つ実践的なスキルを学べるのと同時に、大学への編入プログラムも豊富で、大学に直接入学するよりも費用を抑えることができます。

ACCのコンサルタントはTAFE卒業生も数多く在籍!

ACCのセンター長の岡もコンサルタントのMikaもTAFE卒業生。自分たちが学んだコース以外にも頻繁にコース見学をしたり、先生から直接話を聞いているので、実体験に基づいたアドバイスが可能です。TAFEや専門学校でのスキルアップ留学、永住を視野に入れた留学までお気軽にご相談ください!

みんなの留学•就職体験談

留学・就職・永住のご相談はお気軽にACCまでどうぞ!