留学プラン Study Plan

Milnerで学ぶ、一般英語

Milner(ミルナー•カレッジ)は日本人の方に特に人気のある語学学校。実際にここで勉強していた、卒業生のNozomiさんからご紹介していただきます!

Nozomiさん(一般英語コース修了)

皆さん、こんにちは!Milnerの一般英語コースで勉強していたNozomiです。
今回は私がキャンパスと授業の様子を紹介します!

「楽しくしっかり学ぶ」を実感できる授業

一般英語コースは日常英語を鍛えることにフォーカスしたコースで、英語圏に初めて来た方、これからの進学を考えている方など様々な人が受講しています。レベルは初級(Beginner)コースから上級(Advanced)コースまで合計7つに分けられていて、それぞれにあったレベルの授業を受けることが出来ます。一般英語コースで日常英語を身に着けてから、その後の進学を控えてIELTSやケンブリッジ検定などのテスト対策のコースなどを受講する方も少なくありません。

ミルナーの一般英語コースは日常生活に必要な英語の基礎力アップに重点を置いています。午前中は文法や読解などを中心に、午後はスピーキングをメインにしていて、午前と午後でレベル分けも異なるため、より自分に合ったクラスで勉強することができます。

Nozomiさん

授業では役を決めてロールプレーをしたり、ディスカッションをしたりと実践的に英語を学んでいきます。どの先生も明るくフレンドリーで授業の雰囲気作りがうまく、初めはシャイだった私もどんどん発言できるようになりました。頭で考えるだけではなく、実際に授業中に口に出して英語を使ってみることで、短期間でグッと英語力が伸びました。

Nozomiさんにキャンパスを紹介してもらいました!
キャンパス入り口

ミルナーはパース駅から歩いて約10分、または無料巡回バスのレッドキャット26番「ロイヤルパースホスピタル」下車、徒歩3分の所にあるのでアクセスしやすい!建物は自社ビルなので、施設もとっても充実しているんですよ♪

キャンパス内施設

キャンパス内には、クラスメートとランチを楽しめる明るいカフェ・中庭・ラウンジがあります。

本格的なカフェではドリンクとフードも種類豊富!晴れた日はテラス席でのランチ&アフタヌーンティーで勉強の合間のリラックスにぴったりです。また、中庭のガーデニングはなんと校長先生自らされているそう!

その他にもいつでも使えるコンピュータールームや、英語の先生でもあるスタッフが常駐している図書館もあり、勉強のサポートもしてくれます!わからないところがあれば担任の先生はもちろん、図書館で先生に教えてもらったり、学習環境がとても整っていました!

Felicity先生

ミルナーで1994年から22年間教えてきて、今まで様々な国籍の生徒たちを見てきました。授業では「バランス」にとても気を付けています。英語の総合的な力がつくことはもちろん、クラスメート一人一人が学びやすい環境、クラスの調和がとても大切だと考えています。それぞれの生徒のバックグラウンドが様々だからこそ、各々の文化を理解し尊重するように努力しています。

Nozomiさんに質問してみました!
なぜMilnerの一般英語コースを選択したのですか?

他の語学学校の見学・体験授業もしましたがMilnerは先生と生徒共に勉強熱心な人が多く「ここなら頑張れる!」と思ったからです。また、アクセスも良くキャンパスも明るく綺麗でとても気に入りました。

勉強していて「楽しい!」と思う瞬間は?

今まで聞き取れなかったテレビや友達の会話が、少しずつ聞き取れるようになったことです。また、世界各国の人と友達になれたことは日本ではなかなか経験できないことだったので、新鮮で楽しかったです。

逆に大変なところはありますか?

大学以来の学校での勉強生活に慣れることが大変でした。授業以外でも家でテレビを見たり、学校の行き帰りのバスの中で英語を聞いたり、出来るだけ英語に触れているようにしていました。

Milnerってどんな学校?

Matthew副校長先生

Milner(CRICOS Code: 00061J)はオーストラリアでも歴史の長い語学学校で、10年、20年以上教鞭をとる講師のエキスパートが揃っています。また、先生との対面授業が23時間もあるのはパース最多で、他にも発音の練習ができる無料のクラスもあり、発音が苦手な日本人の生徒さんはよく参加してくれていますよ。バラエティ豊かなアクティビティも行っていて、いろんな国籍の方が参加してくれるので、友達を作るチャンスもたくさん。僕を含め、スタッフは生徒のケアを一番大切にしていて、何かあればいつでも直接話を聞きますので、安心してくださいね。

みんなの留学•就職体験談

留学・就職・永住のご相談はお気軽にACCまでどうぞ!