留学プラン Study Plan

IELTS (アイエルツ)

資格の概要

イギリス、カナダ、ニュージーランド、アメリカでも英語力を証明する基準として広く使用されているIELTSは、オーストラリアでは専門学校や大学などの進学時の英語力証明や永住ビザなどのビザ申請の際の英語力証明としても使われています。TOEICと比べると試験対策が難しく、試験会場や地域、その回のテスト内容によっても結果が大きく左右されることもあります。今後オーストラリアでの進学、ビジネス・永住ビザなどのビザ申請を予定されている方は特に注目していただきたい資格です。

  • 試験科目:リスニング、リーディング、ライティング、スピーキングの4科目で、アカデミック(進学用)とジェネラル(一般用)の2モジュールがある
  • 試験時間:4科目合計で2時間45分
  • スコア:1.0から9.0の0.5刻みのバンドスコア
  • 用途:英語圏の専門学校や大学への進学用英語力証明やビザ申請等の英語力証明など

専門学校、大学•大学院への進学のための英語力証明としてIELTSを使う場合はアカデミック•モジュールを、永住ビザ等のビザ申請の場合はジェネラル•モジュール(アカデミックも可)を選択します。

スコアを表す「オーバーオール」と「バンドスコア」とは?

先述の通り、IELTSのスコアは1.0から9.0の0.5刻みのスコアが出ますが、最終的にはリスニング、リーディング、ライティング、スピーキングの各スコア=バンドスコアと、オーバーオール=4スコアの平均が出ます。

IELTSを何かしらの英語力証明として使用する場合、下記のような形で条件が書いてあることが多々あります。

An IELTS score (academic / general) of 6.0 with no band score less than 5.5.

これは4つの各スコアの最低ラインが5.5、オーバーオールは6.0以上である必要がある、という意味になります。

つまり、4つのスコアのうち、一つでも5.0があると、いくら他のスコアでカバーしてオーバーオールが6.0以上になったとしても条件を満たさない、ということになりますので、IELTSで英語力証明をする場合には、バンドスコアとオーバーオールの数字を事前にしっかり確認しましょう。

資格の取り方

オーストラリアではIELTSは主要なテストなので、毎月複数回開催されています。受験にあたっては、ケンブリッジ検定と違って自主学習の上受験される方も少なくありません。

ただ、テスト対策が難しい試験でもあるので、語学学校が開講するIELTS対策コースも人気があります。

コースの概要

IELTS対策コースは、ケンブリッジ検定と異なり、より「IELTSの試験対策」という傾向が強くなります。そのため、英語力の底上げというよりも、英語力はある程度あった上で、テストの準備をしたい、という方に向いています。

IELTS対策コース入学にあたっては、中級または中上級の英語力が必要とされ、入学テストを合格した場合のみ、入学ができます。不合格だった場合には、一般英語コースからスタートすることができます。

パースでコースを開講している学校

みんなの留学•就職体験談

留学・就職・永住のご相談はお気軽にACCまでどうぞ!