留学プラン Study Plan

カーティン大学で学ぶ、MBA

パース駅からバスで約25分の場所にあるカーティン大学ですが、一部のコースはパースシティ•キャンパスのCurtin Graduate School Of Business(CGSB、カーティン•ビジネススクール)で学ぶことができます。このCGSBで勉強できる代表的なコースと言えばMBA!現役の教授に、コースやその後の就職など、気になることを全て聞いてきました!

Master of Business Administration (Advanced)

経営学修士− 2年間

  • CRICOS CODE: 093141F

カーティン大学のMBAコースへの入学には最低3年以上の職歴が必要になりますが、平均すると6〜12年ほどの職歴をお持ちの方が多く、資源系から中小企業、政府系、NPO団体など職種は多岐に渡ります。会社内での昇進や別職種への転職、起業などの目的でこのコースを受講される方が多いです。

カーティン大学のMBAコースでは5つの専門分野がありますが、その中でもOil & Gasという資源系分野を用意しているのは、資源が豊富な西オーストラリア州ならではで、とても需要の高い分野になります。

Steve教授

MBAコース受講者は学校が主催する数々のネットワーキング•イベントに参加でき、そこから人脈を広げ、就職につながる方も少なくありません。CGSBは西オーストラリア州で最も大きなビジネススクールだからこそ、企業との繋がりも強く、卒業後のキャリを意識したカリキュラム構成になっています。

Master of Management

マネジメント修士コース − 2年間

  • CRICOS CODE: 079264A

MBAコースと異なり、職歴なしまたは職歴が3年未満でもマネジメントについて学べるのが、このMaster of Management。パースのローカル企業と進めるプロジェクトや各種ネットワーキング•イベントを通して、オーストラリアのビジネス文化を学びながらキャリアップを目指します。

カーティン大学では、留学生向けの奨学金プログラムを用意しています。詳しくはこちらよりご確認ください。

カーティン大学ってどんな学校?

Alvinさん(アジア地域マネージャー)

元々工科大学だったことからも、ビジネスとエンジニアで特に定評がある大学です。オーストラリア全土でも近年成長の著しかった学校の一つで、留学生も多く在籍しています。また、カーティン大学は西オーストラリア(WA)州の大学で唯一、WA商工会議所のオフィスをキャンパス内にもつ大学です。カーティン大学ではすべての学生にインターンシッププログラムがオプショナルで付いており、卒業後のキャリアサポートにも力を入れています。

みんなの留学•就職体験談

留学・就職・永住のご相談はお気軽にACCまでどうぞ!