留学プラン Study Plan

チャイルドケア

資格の概要

Early Childhood & Care、通称チャイルドケアは、未就学児を対象とした幼児教育の仕事で、日本の保育士に相当します。

共働きの多いオーストラリアではチャイルドケアの需要は常に高く、仕事も決して楽ではないからこそ多くの人手が求められています。

オーストラリアは移民国家。世界中から異なる文化的•宗教的背景を持つ人々が集まる場所なので、子どもたちのお世話に加えて、そういった文化の違いを理解し、リスペクトすることも大事な仕事の一部になります。

資格の取り方

オーストラリアでチャイルドケアの仕事をするためには、Certificate III in Early Childhood & Careという学位を最低限取る必要があります。中にはDiploma(ディプロマ)という一つ上の学位のみを提供している学校もありますが、管理者レベルで仕事をするためにはDiploma以上の学位が求められます。

コースの中にはチャイルドケアセンターでの実習も含まれており、資格取得後すぐに仕事につけるスキルと知識を身につけることができます。

オーストラリアでは、子どもたちと関わる仕事をする場合に、必ず下記の資格の取得を求められます(場合によっては他の資格の取得が求められるケースもあります)。

パースで資格が取れる学校

コースの実態を徹底調査しました!

みんなの留学•就職体験談

留学・就職・永住のご相談はお気軽にACCまでどうぞ!