パース近郊で出会える動物たち

自然溢れるパースは野生動物にたくさん出会える

野生の動物と気軽に出会えるのは、パースで生活する魅力の一つ。オーストラリアは自然と共存しながら都市が成り立っているため、どこの都市に住んでもその土地固有の生き物と出会うことができます。
パースは西海岸という立地がら、東海岸では出会えない動物も多く、また身近に野生動物に出会えるため、自然と一体となって暮らすことを実感することができるでしょう。

カンガルー

Kangaloo

オーストラリアを最も代表する動物、カンガルー。パースでも車で30分走ればそこはカンガルーたちの住みかです。荒野をかけまわるカンガルーの姿を簡単に見ることができます。シティ内でも無料のバスで15分程で行けるHeirisson Islandという公園でもカンガルーに会うことができます。

イルカ

dolphin

インド洋とつながるスワンリバーは、淡水と海水が混ざっているため、毎年春~夏にかけてイルカを見かけることができます。ジョギング中に見かけるということもよくある光景です。車で1時間弱走った、バンバリーやロッキングハムではイルカと泳ぐスイムツアーに参加できたり、モンキーマイアという世界遺産まで行くとイルカへ餌をあげるアクティビティが行われており、より間近でイルカと触れ合うことができます。

クウォッカ

Quokka

パースからフェリーでたったの40分で行ける、人気の観光地・ロットネスト島に唯一生息すると言われる、クウォッカ。まんまるとした大きな目に、ちょこんと立った耳、小さいな前足が特徴です。口角が上がっているので笑っているように見えることから「世界一幸せそうな動物」とも言われているそうです。とても人懐っこいため、ロットネス島に出かけたらほぼ会うことができます。

ペリカン

Perth12

ペリカンは日本では動物園で見るものだと思いますが、パースでは川辺に多く生息しています。10キロ近くもあろうかという巨体を、大きな翼で軽々と飛んでいきます。橋の外灯の上では、ペリカンが何羽も連なって止まっていることもあります。これはパースではお馴染みの光景です。

ブラックスワン

Perth04

その名の通り黒鳥(コクチョウ)とも言われるブラックスワンは、西オーストラリア州の州鳥となっており、パースの街を象徴する動物でもあります。西オーストラリア州やもちろんパース市のロゴにもブラックスワンが描かれています。真っ黒な体に赤い口ばしをした珍しいブラックスワンに出会えると、幸運なことがやってくるとも言われています。パースはそんなブラックスワンと一緒に暮らしている街です。

アシカ

Sea lion

フリーマントルから船で約30分の沖合いに浮かぶカーナック島は、野生のアシカが生息している島として知られています。好奇心旺盛に気のむくままに遊んでいるアシカたちと一緒に泳ぐスイムツアーも人気です。

ペンギン

Penguin

パースから電車で1時間弱の街・ロッキンハム駅からバスで20分、フェリーで5分で到着する、ペンギンアイランドで可愛いペンギンたちに出会えます。ここでは野生のペンギンのほか、ペンギンたちを保護しているディスカバリーセンターにて間近で触れ合うことができます。

エミュー

Emu

パースの郊外では、カンガルー同様に野生のエミューに出会えることもあります。長い首と長い足が特徴のエミューは、とても大きく目立つため、ドライブ中に遠くのエミューも発見することができます。間近で見るととても大きい鳥です。

イセエビ

Lobster

世界で唯一、ダイビングでイセエビを獲ることができるのがパース。世界中から、11月の解禁日とともにダイバーが集まってきます。1メートルを越える、活きの良いイセエビを仕留め、そのままグリルして食べることができます。他では味わえない、珍しいダイビング経験です。

その他、外を歩けば数多くのカラフルな野鳥にも会うことができます。パースでは、お日様のもとに草花が自生し、人も動物ものびのび暮らしている街です。