ACCの現地サポート特典 − 現役、人材紹介・派遣会社の採用担当が伝える!履歴書の書き方~レストラン編~

オーストラリアでは日本のような履歴書のフォーマットはなく、比較的自由に作成することができます。しかし、書き方や文章の表現、盛り込む内容等気をつけたいポイントがたくさんあるのをご存知でしょうか。例えばアルバイトを探すのか、正社員ポジションを探すのか、そういったところでもポイントは大きく異なりますし、いくつかのルールを守れていないと、目を通してすらもらえないことがあるのが現実です。より効率的に仕事(アルバイト)を探すためにも履歴書の作成はとても重要な要素になります。

ACCでは、これまで何万通という履歴書を見てきた現役リクルーター自らが「仕事(アルバイト)が見つかりやすい英文履歴書」作成についてアドバイスをさせていただきます。

アルバイトを探すときの英文履歴書の書き方サンプル

Sample Resume Summary

注意事項①名前

日本人の名前に馴染みがない人も多いので、横にカッコで男性はMr、女性はMsと付け加えておくと親切です。

注意事項②名前以外の個人情報

<住所>→個人情報という観点からは必須ではありませんが、あまり遠いところに住んでいる人は辞めてしまうと考えることも多いです。近いところに住んでいる場合はアピールにもなりますよ!

<携帯電話番号>→連絡を希望する電話番号を記載しましょう。

<メールアドレス>→仕事探し用に作成してもOKですが、メールチェックは頻繁にしましょう。新しいアドレスからの連絡となるため、迷惑メールフォルダのチェックもお忘れなく!

<国籍、ビザ>→必須ではありませんが、日本人には好意的な人が多いのもオーストラリアです。ビザに関しても必須ではありませんが、ビザの期間にしばらく余裕があるときはプラス評価ですので記載しておいてもいいと思います。

注意事項③志望動機

今まで関連職種での経験がない場合は熱意をアピールする場になりますが、英語に不慣れな場合はなくてもOKです。

注意事項④職歴

オーストラリアでは職務経験が最優先となります。インターンやボランティアでの経験もこちらに記載します。

<勤務先>新しいものから記載しましょう。

<役職>→日本でのお仕事ですと役職がない場合もあるかとおもいますが、お仕事内容から判断して記載してしまってOKです。
 
<勤務期間>→日にちからかければベストですが、月からでも大丈夫です。

<仕事内容>仕事内容は出来るだけ詳細に、「こんなことでも?」とおもうものも含めて沢山書いて下さい。オーストラリアの雇用主は、あなたがどんなお仕事をされて来たかに興味があります。

注意事項⑤学歴

どんな資格や勉強、トレーニングを受けてきたかを記載します。

<学校名>→職歴同様、新しいものから記載しましょう。

<学部・学科、コース名>→専攻と学位を記載します。中卒はYear 9、高卒はHigh School CertificateまたはYear 12、短大卒はDiploma、大学卒はBachelor、大学院卒は基本Master(Dr、Phdもあり)となります。

<通学期間>→月、年の順番で記載しましょう。

注意事項⑥照会人

今までの勤務先の上司の人が理想で、あなたの仕事ぶりを推薦してくれる人になってもらいましょう。照会人になってもらう人には事前に連絡の上、希望の仕事先から連絡があるかも知れない旨を忘れず伝えておくことをお忘れなく。まだオーストラリアに来たばかりの方は、日本の上司の方で英語が話せる方であればその方にお願いするのもひとつですし、エージェントさんや、学校の先生に頼んでみるといいと思いますよ!ただ、サービス業の場合はあまりチェックされないことが多いです。

<照会人名>→あなたの仕事ぶりを推薦してくれる方のお名前

<照会人の勤務先、役職>→どちらの勤務先のときの上司で、どういった役職の方かを記載します。

<照会人の連絡先>→電話番号だけで大丈夫です。

ACCの現地サポートをご利用の方には、リクルーターが直接アドバイスをさせていただきます!

上記では一般的な英文履歴書作成のポイントをお伝えさせていただききましたが、個人個人で状況が異なったり、探したい仕事も違いますよね。そういった場合もオーストラリアの就職事情に精通した現役のリクルーターが個別に履歴書の添削やアドバイスをさせていただきます。
社内に人材紹介•派遣会社を併設するACCだからこそ提供できるこちらのサービスをぜひフル活用してみてくださいね!

留学・就職・永住のご相談はお気軽にACCまでどうぞ!