英語力ゼロ・スキル無しの私が海外で生活&仕事をするまでのブログ

物は言いよう、物は考えよう

更新日:2016/04/22

こんにちは、ACCキャリアコンサルタントのMikaです。

「物は言いよう」という言葉がありますが、意味は同じ事柄でも、言い方によってその見え方、良し悪しが変わってくる、というもの。

何度かこのブログでも書かせていたいだいておりますが、私は日本でコールセンターの管理者をしていましたので、言葉遣いや表現について学ぶ機会がたくさんありました。
その中でも特に印象的だったのが、相手に良い印象を与える表現方法:「できない」と言うのか?「できる」と言うのか?です。

お客様サポートセンターなどでは、お客様からご要望があっても「それはできない」とお伝えしなければいけない場面がありますが、「できません」とバッサリ言うのと、「△△は難しいですが、○○であればできます」と伝えるのでは、相手に与える印象が全然違うと言うこと。
これには文章が否定(No)で終わっているのか、肯定(Yes)で終わっているのかが大きく関わっています。
人は後に言われたことの方が強く印象に残るので、最後にプラスを持ってきた方がいいという例ですね。

今の時代は対面でコミュニケーションを取るよりも電話やメッセージのやり取りが増えているからこそ、表情や仕草が伝わらない分こういった表現にもより気をつけなければならないのかもしれません。

でも、これだけで相手に与える印象がガラリと変わるのであれば、変な言い方かもしれませんが儲けもん!ではありませんか?

これは私たちの考え方そのものにもよく当てはまると思います。

「できない」ことを考えるのではなく、「できる」ことを考える。
「できない」ことを考えるのではなく、「こうすればできる」という代替案、打開策を考える。
マイナスではなく、プラスの方に目を向ける。

シンプルだけど、意外と難しい。
でも留学中や移住を目指す過程でもこれを意識できるだけで、可能性がグンと広がります
ぜひ頭の片隅に置いてみてくださいね♪


☆★☆★ブログランキング参加中☆★☆★ぜひ下のボタンをポチッとお願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外就職へ  オーストラリア留学 ブログランキングへ  FC2 Blog Ranking

ACCスタッフブログ 関連記事