ACCスタッフブログ Blog

オーストラリアと日本 仕事で求められるものの違い

  • 2016/02/17
  • 2020/08/04

こんにちは、ACCキャリアコンサルタントのMikaです。

オーストラリアと日本。
国が違えば仕事に求められるものも違うということで、今回はどんな違いがあるのかをご紹介させていただきます。

オーストラリアではジェネラリストよりもプロフェッショナルが求められる

日本では「総合職」という言葉が表す通り、様々な分野をまたいで多岐に渡る仕事をすることを求められます。定期的に部署移動があったり、転勤があったりというのもそれに当てはまります。

一方オーストラリアでは、何かその道で秀でたプロフェッショナルであることが求められます
経理なら経理のプロ、シェフ、会計士、人事、営業…などなどほぼ全ての職種で同じ事が言えます。

オーストラリアはポジション採用

オーストラリアの採用活動では、ポジションによる採用が一般的です。
どういうことかというと、例えば「アシスタントマネージャー」というポジションで採用され、後にマネージャーに昇進となった場合には「マネージャー」というポジションでまた新たに会社と契約をします。
また、「アシスタントマネージャー」で採用され、万が一そのポジションが何らかの事情でなくなる、となると自動的にそこでのご自身のお仕事もなくなる、ということになります。

日本は会社と契約を結んでいるという意味合いが強いため、昇進もそのままですし、仮にポジションがなくなったとしても大抵の場合は部署移動や転勤等でカバーされ、退職となるケースは少ないかと思います。

このようにオーストラリアではポジション採用となるため、その道のプロとしてスキルを磨いていくことが求められます
オーストラリアは実力社会で就職も厳しい、と言われますが確かに入り口を見つけることは苦労を要します。

ただ、このブログでも何度かお伝えしていますが、オーストラリアではその道で3年も仕事をすればプロと見なされます。日本のように何年、何十年もかけてようやくプロ、というわけではないので、未経験の分野でも新たなスタートを切れる可能性は十分にあります

いかがでしたでしょうか?
今後の留学や就職プランの参考になれば嬉しいです。引き続きオーストラリアでの就職事情等についてもブログで紹介をして行きたいと思います。

<ブログランキング参加中!応援よろしくお願い致します。>

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外就職へ    

プロフィール

熊谷 美佳 MIKA KUMAGAI

キャリアコンサルタント

英語力もスキルも、何もなくても大丈夫。ゼロからスタートできる環境がここにあります。

大学在学中にイギリス・ロンドンへの短期語学留学を期に、英語及び英語圏での暮らしに大きな魅力を感じる。卒業後、コールセンター管理職として劇務をこなす中「人生後悔したくない」と念願の長期留学を決意。20代後半、英語力ゼロ、スキル無しの状態からTAFEでグラフィックデザインを学ぶ。現在はキャリアコンサルタントとして皆様の相談に乗る一方で、ACCのウェブを含めたWeb・グラフィックデザイナーとしても活躍中。

ACCの6つの特徴

  1. スタッフ全員オーストラリアで専門学校以上の長期留学経験者
  2. 日経で唯一パースに特化した留学エージェント
  3. 社内に人材紹介派遣部門がある就職に強いエージェント
  4. オーストラリアで唯一現役の採用担当者からキャリア•アドバイスをもらえる
  5. パースで人気No.1の日本語情報誌を自ら発行してしまうくらいパースが大好き
  6. ワーホリ•留学•就職•移住•ビザ、全部丸ごとサポートするエージェント

ACCで良かった! 現役留学生•卒業生に聞いた

ACCを選んだ理由

  1. 学校だけでなく、ビザや就職の相談にも乗ってくれるトータルサポート力
  2. パースにオフィスがあるから留学生活が安心!
  3. オーストラリア留学経験者がサポートしてくれる

有料エージェントにサポートを依頼した時、とても事務的に感じたましたが、A CCさんはとにかく元気ハツラツ!笑 皆さんパースが大好きで、経験からアドバイスしてくれることが多かったので、自分に置き換えて現実的に考えることもできました。オフィスだけでなくL I N E でのサポートもすごく助かっていますし、無料でここまでしていただけるのは申し訳ないと思うこともあります。笑 − Satomiさん

留学・就職・永住のご相談はお気軽にACCまでどうぞ!