英語力ゼロ・スキル無しの私が海外で生活&仕事をするまでのブログ

本当の意味でオーストラリア英語に慣れるには3年かかる?

更新日:2016/01/18

こんにちは、ACCキャリアコンサルタントのMikaです。

海外に出て、英語の勉強をスタートすると、「英語が聞き取れない」「言っていることは何となくわかるけど、なんて答えれば良いかわからない、言葉が出て来ない」という最初の壁に打ち当たります。
それは勉強を続けていったり、生活をして行く中で慣れていき、徐々に聞き取れるようになっていく、という段階を踏んでいきますが、それでもオーストラリア英語に慣れるにはかなり長い時間がかかると思います。

それはなぜでしょうか?

何度かこのブログでも触れていますが、オーストラリアは移民大国。毎年約20万人もの移民を世界各地から受け入れています。
特にパースの街を歩いてみるとよくわかりますが、街中にはオージーの他にヨーロッパ系、中東系、東南アジア、アジア等様々な国の人たちがいます。そして、一口にオージーと言っても、アジア人の両親を持つがここ現地で生まれたアジア系オージー等、いわゆる「オーストラリア人」と呼ばれる人でさえ、そのルーツは多岐に渡ります。

こうしてたくさんの移民を受け入れて成り立っているオーストラリアでは、その国民性も影響してか、それぞれの国の文化はもちろん、言葉のアクセント等も広く受け入れていて、英語も一つではありません
どういうことかというと、先ほどの例とお同じように、街中にはオージーイングリッシュの他に、ヨーロッパ系なまりの英語、インドなまりの英語、中国語なまりの英語、日本語なまりの英語…など様々なアクセントが混在しています

人間の脳は、新しい言語を覚える時に脳の中にバケツのようなものがあって、そこに徐々に水がたまっていって、それが溢れた時に記憶になると言われています。
つまりは、同じ単語を何度も何度も聞いて、それがバケツ一杯になった時に覚えるわけです。

しかし、オーストラリアでは先述の通り、たくさんの英語が存在するため、例えばrealize(気づくの意味)という一つの単語をとっても、オージーなまりのrealize、中東系のなまりの、韓国語なまりの、等々があるため、realizeを一つの単語として認識するのに時間がかかります。

一方で、同じように「人種のるつぼ」と言われているアメリカではどうでしょうか?

アメリカでは、英語が「アメリカ英語」に統一されているため、発音もしっかりしないと理解してもらえないし、基本的にみんな一緒の発音、アクセントになります。
そうすると、脳の中のバケツは一杯になりやすいんですね。

オーストラリア英語に話は戻りますが、上記の理由から、オーストラリア英語に慣れるには時間がかかると言われていて、個人的には本当の意味で慣れるまでには3年ほどかかったと感じます。
今は英語のなまりでおそらくこの人はどの国出身だな、ということまで推測できるようになりましたが(笑)、未だに例えば中東系などの非常に強いなまりがある方では何を言っているのかわからない時もあります(苦笑)。

これを読んで、オーストラリアで英語を勉強するって大変そう…と思いましたか?

確かに、短期的な視点では大変です。
しかし、長期的に見れば、オーストラリアで英語を勉強すれば、それは世界中どこへ行っても対応できる英語力を身に付けることができます。

今後グローバルに活躍したい!!と思っている方には、オーストラリアは絶好の環境だと思いますよ!
オーストラリア留学についてご相談をご希望の方は、お気軽にお問い合わせフォームよりご連絡ください♪


☆★☆★ブログランキング参加中☆★☆★ぜひ下のボタンをポチッとお願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外就職へ  オーストラリア留学 ブログランキングへ  FC2 Blog Ranking

ACCスタッフブログ 関連記事