英語力ゼロ・スキル無しの私が海外で生活&仕事をするまでのブログ

私が考える、オーストラリアで生きていく上で大切な心構え

更新日:2016/01/08

こんにちは、ACCキャリアコンサルタントのMikaです。

オーストラリア生活も5年半となり、もう5年半、まだ5年半という両方の気持ちがあります。
今回は私が考える、オーストラリアで行きていく上で大切な心構えと何だか大それたタイトルですが、実際に生活してみて、オーストラリアで生活するってこんな感じだよね、日本とこういうところは違うから、こんな風に考えた方が良いかな、ということをご紹介させていただきます。

お客様=神様はあり得ない!笑

これまでもブログで何度か書かせていただいていますが、日本のカスタマーサービスは世界一のきめ細やかさ、クオリティだと思います。
その反面、お客様の要望に最大限お応えするために、労働者の勤務時間が増えたり、クレームが増えたり、はたまたモンスター○○といったいわゆるクレーマーの増加を促しているという面もあると思います。

オーストラリアは実際に来てみるとわかりますが、「お客様は神様です!」という対応をするサービスは、ほぼありません(笑)。
これは、お客様を大切にしない、という意味ではありませんが、対応はもっとどちらかというとフレンドリーだし、できないものはできない、とはっきり伝えます。
そして気候が温暖な国ならではの国民性かもしれませんが、例えばショップの店員が突然踊り出したり、歌い出したり、基本はいつも幸せそうでユルいです(笑)。

私は今ではこのスタイルが自然で、こっちの方が居心地がいいと感じますが、心構えとして大切なのは、日本と同じようなサービスをオーストラリアで期待しない、ということ。オーストラリアは先ほどの通りフレンドリーに対応してくれたり、別な良いところがあると思うので、それを楽しむくらいがちょうど良いと思います。

時間、スケジュールは遅れるものだと思う

これも国民性なのか、基本は時間にルーズです。
前回のブログACCオフィスの内装工事が完了!オフィスの中を一挙大公開♪でも書かせていただきましたが、8月に新オフィスに引っ越してから、内装工事が完了するまでに約4ヶ月も時間がかかりました。当初の予定では2、3週間で終るほどの工事です(苦笑)。
他に代表的なものでは新築で家を建てようとすると、工期は必ずと言っていいほど大幅に遅れますし、家に限らず新しいビルや商業施設等も同様です。
また、●時にアポイントをとっても遅れる、もしくは担当者がいないなんてこともかなりあります(苦笑)。日本では考えられないですよね。

こんなことを書いていると、「オーストラリア、大丈夫?」と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが(苦笑)、良い面ではみんなのんびりしていて、せかせかしていない、たいていのことはTake it easy!(気楽に行こうよ) No worries!(大丈夫!)と受け入れてもらえたり、流したりできる、というところです。
この感じは私が最初パースに来た時はカルチャーショックでしたが(笑)、同時に毎日をとにかく忙しく過ごしてきた私にとっては「あ、忙しくしなくてもいいんだ」と思わせてくれたことでもあります。

違いを受け入れる、楽しむ

オーストラリアは、毎年約20万人もの移民を受け入れている、まさに移民大国です。
世界中からたくさんの人が集まるため、英語の発音もオージーイングリッシュ、中国系、ヨーロッパ系、中東系、日本のなまり等々、たくさんあり、その温かな国民性からか、その英語を一つにしようというよりも、それぞれを受け入れて共存しています。

これだけ人生のバックグランドや国、宗教、文化の違う人たちが集まっているからこそ、それぞれの違いを受け入れることは何よりも大切だと思います。
それこそ、上記で挙げた2つのことも、日本とのサービスの違いや時間に関する考え方の違いを受け入れることが、こちらで生活していく上では非常に重要なことになり、さらに言えばその違いを楽しめるようであれば、あなたのオーストラリアライフは楽しいこと間違いなしです(笑)。

こちらで生活するようになって、日本の良い面も悪い面も見えるようになった気がします。未だに、「日本だったらこんなことあり得ない!」と思うことも少なくありませんが、それでも「まぁこんなもんだよね」と気楽に構えていられるようになっているのも事実です(笑)。
私はやっぱり、片意地はらずにもっと自分らしくていい、それを受け入れてくれるオーストラリアでの生活が好きです。

オーストラリアでの生活で、何か気になることが質問等あればお気軽にご連絡くださいね!


☆★☆★ブログランキング参加中☆★☆★ぜひ下のボタンをポチッとお願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外就職へ  オーストラリア留学 ブログランキングへ  FC2 Blog Ranking

ACCスタッフブログ 関連記事