英語力ゼロ・スキル無しの私が海外で生活&仕事をするまでのブログ

日本とオーストラリア、クリスマスの過ごし方の違い

更新日:2015/12/18

こんにちは、ACCキャリアコンサルタントのMikaです。

来週の金曜日は早いものでもうクリスマス!2015年もあとわずかですね。
クリスマスは日本でも一大イベントですが、オーストラリアでも大事にされている大きなイベントです。でも、こっちで生活してみて、過ごし方はちょっと日本と違うな、と思ったところをご紹介させていただきます。

クリスマスは家族のための一大イベント!

クリスマスは家族のための一大イベント!

まず、何と言っても大きな違いは、オーストラリアでは、クリスマスは家族のためのイベントである、ということ。どちらかと言えば、日本のお正月に近いイメージです。
なので、家族や親戚等が一同に会し、ホームパーティーやレストランでの食事を楽しみつつ、クリスマスのプレゼント交換をしたり、ゲームをしたりと1日中お祝いムードになります。

日本ではクリスマス=カップルのためのイベント、ロマンチックなイベント、というイメージが強いと思いますが、オーストラリアではもっとホーミーな感じです。
留学生やワーキングホリデーの方達は、ホームステイ先の家族と一緒に祝ったり、友達とホームパーティー、BBQ、キャンプ等を楽しむ方も少なくありません。私も留学している時は友達とのホームパーティーが多かったです。

クリスマス当日は、街が驚くほど閑散とします

先述の通り、クリスマスは家族揃ってお祝いするため、キリスト教の慣習にも習って、ほとんどのお店やレストランは休業となります。そのため、パースの街中もクリスマス当日の25日はまさに人っ子一人いない、と言えるくらい閑散とします。最初にこの光景を見た時はカルチャーショックを受けました(笑)。
今では場所によってはスーパーが午前中は開いていたり、レストランも営業しているケースもありますが、ほぼ8〜9割のお店が閉まっている、と思っていただいた方が無難です。

クリスマスの準備はお早めに!

先ほどの通り、クリスマス当日はほとんどのお店が閉まってしまうため、クリスマス当日までプレゼントや食材の買い出しをしておかないと、大変なことになってしまいます(笑)。なのでそういった準備は前日の24日までにした方が良いのですが、24日も午後になるとスーパーにはほとんど何も残っていません(笑)。オーストラリアでは11月の中旬位からクリスマスモードが高まりますので、早い人は11月中にプレゼントを準備する人も少なくなく、早め早めの準備がオススメです。

もう一つ注意したいことは、キリスト教の観点から、クリスマス当日の25日はお酒の販売が禁止されています。そのため、お酒も前日までに購入した方が良いです。

日本と季節が逆だからこそ楽しめる、サマークリスマス!

パースのサマークリスマス1
パースのサマークリスマス2

パースに住み始めて5年が経ちますが、未だに夏の暑い中のクリスマスに慣れません(笑)。でも、季節がだんだんと良くなって、パースのきれいなビーチに行ったり、イベントが増えたりというのを見ていると、街の賑わいやお祝いムードを肌で感じることができ、その雰囲気は大好きです。日本のきれいなイルミネーションを恋しく思うときもありますが、南半球ならではの夏のクリスマスは特別な感じがして、ぜひ皆さんにも一度体感していただきたいです。

いかがでしたでしょうか?
日本にいる皆さんもオーストラリアにいる皆さんも、素敵なクリスマスを過ごしてくださいね♡


☆★☆★ブログランキング参加中☆★☆★ぜひ下のボタンをポチッとお願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外就職へ  オーストラリア留学 ブログランキングへ  FC2 Blog Ranking

ACCスタッフブログ 関連記事