ACCスタッフブログ Blog

オーストラリアで取得できる学位の種類

  • 2015/12/14
  • 2020/07/09

こんにちは、ACCキャリアコンサルタントのMikaです。

今回は、オーストラリアで専門学校、大学・大学院への留学をお考えの方必見!のオーストラリアで取得できる学位の種類について、このブログでご紹介させていただきます。
インターネットで留学や学校について調べていると、例えば「Certificate(サーテフィケイト)」「Diploma(ディプロマ)」「Bachelor(バチェラー)」という言葉を聞いたことがあるのではないでしょうか?

オーストラリアでは、Australian Qualifications Framework(AQF)という学位に関するフレームワークが存在していて、それに沿ってそれぞれの学位のレベルやその中で勉強すべきことが定められています。

早速それぞれの学位についてみて行きましょう!

学位のレベルは10段階

AQFによると、オーストラリアの学位は下記のようにレベル1〜レベル10に分けられています。

レベル1Certificate(サーテフィケイト) I
レベル2Certificate(サーテフィケイト) II
レベル3Certificate(サーテフィケイト) III
レベル4Certificate(サーテフィケイト) IV
レベル5Diploma(ディプロマ)
レベル6Advanced Diploma(アドバンスト•ディプロマ), Associate Degree(アソシエイト•ディグリー)
レベル7Bachelor Degree(バチェラー•ディグリー)
レベル8Bachelor Honours Degree(バチェラー•オナーズ•ディグリー), Graduate Certificate(グラデュエート•サーテフィケイト), Graduate Diploma(グラデュエート•ディプロマ)
レベル9Masters Degree(マスターズ•ディグリー)
レベル10Doctoral Degree(ドクター•ディグリー)

※参照:AQF Levels www.aqf.edu.au/aqf/in-detail/aqf-levels/

レベル1、2 – Certificate I, II

一番最初のレベルにあたるCertificate I, IIは、これで何かスキルが身に付くよいうよりは、その分野の基礎の基礎を勉強して、次のコースに役立てる、という意味合いが強いです。オーストラリアですと、日本でいう高校生くらいの学生が勉強するケースがあります。

レベル3、4 – Certificate III, IV

Certificate III, IVでは、より実践的な内容で学習し、分野によっては特に下記のようないわゆる「手に職」系では、Certificate IIIが修了した時点で履歴書に資格として記載することも可能です。

  • Certificate III in Commercial Cookery →日本の「調理師免許」に相当
  • Certificate III in Hairdressing →日本の「美容師免許」に相当
レベル5 – Diploma

Diplomaレベルになると、職種によっては卒業時点でその分野でのキャリアをスタートすることが可能になり、日本でいう専門学校または短大卒業時と同等レベルになります。分野によってはコース修了後に大学の2年次に編入することも可能です。オーストラリア州立専門学校TAFE(テーフ)をはじめとする専門学校での勉強はDiplomaレベルが一つのマイルストーンになります
ちなみに私もTAFEでDiplomaまで勉強しました。

レベル6 – Advanced Diploma, Associate Degree

Diplomaレベルよりもさらに深く専門分野について勉強し、スキル及び知識を深めることができます。分野によってはコース修了後に大学の2年次または3年次に編入することも可能です。

レベル7 – Bachelor Degree

Bachelorは、いわゆる大学の学士号のことで、オーストラリアの大学で3年または4年お勉強され、卒業時に取得できます。
コースや条件にもよりますが、Bachelorの学位を取得することで、「卒業生ビザ」の申請が可能になります。
オーストラリアの学校を卒業後に申請できる「卒業生ビザ」って何?

レベル8 – Bachelor Honours Degree, Graduate Certificate, Graduate Diploma

Bachelorレベルよりもさらに深く専門分野について勉強し、その分野のプロとしてスキル及び知識を深めることができます。

レベル9、10 – Masters Degree, Doctoral Degree

日本でいう修士課程博士課程になります。コースや条件にもよりますが、この学位を取得することで、「卒業生ビザ」の申請が可能になります。
オーストラリアの学校を卒業後に申請できる「卒業生ビザ」って何?

いかがでしたでしょうか?
今後のキャリアプランや申請するビザによってもどこまで勉強すれば良いのか?は異なります。
勉強したい分野が決まっていなくても大丈夫ですので、お気軽にお問い合わせフォームよりご相談くださいね!

<ブログランキング参加中!応援よろしくお願い致します。>

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外就職へ    

プロフィール

熊谷 美佳 MIKA KUMAGAI

キャリアコンサルタント

英語力もスキルも、何もなくても大丈夫。ゼロからスタートできる環境がここにあります。

大学在学中にイギリス・ロンドンへの短期語学留学を期に、英語及び英語圏での暮らしに大きな魅力を感じる。卒業後、コールセンター管理職として劇務をこなす中「人生後悔したくない」と念願の長期留学を決意。20代後半、英語力ゼロ、スキル無しの状態からTAFEでグラフィックデザインを学ぶ。現在はキャリアコンサルタントとして皆様の相談に乗る一方で、ACCのウェブを含めたWeb・グラフィックデザイナーとしても活躍中。

ACCの6つの特徴

  1. スタッフ全員オーストラリアで専門学校以上の長期留学経験者
  2. 日経で唯一パースに特化した留学エージェント
  3. 社内に人材紹介派遣部門がある就職に強いエージェント
  4. オーストラリアで唯一現役の採用担当者からキャリア•アドバイスをもらえる
  5. パースで人気No.1の日本語情報誌を自ら発行してしまうくらいパースが大好き
  6. ワーホリ•留学•就職•移住•ビザ、全部丸ごとサポートするエージェント

ACCで良かった! 現役留学生•卒業生に聞いた

ACCを選んだ理由

  1. 学校だけでなく、ビザや就職の相談にも乗ってくれるトータルサポート力
  2. パースにオフィスがあるから留学生活が安心!
  3. オーストラリア留学経験者がサポートしてくれる

有料エージェントにサポートを依頼した時、とても事務的に感じたましたが、A CCさんはとにかく元気ハツラツ!笑 皆さんパースが大好きで、経験からアドバイスしてくれることが多かったので、自分に置き換えて現実的に考えることもできました。オフィスだけでなくL I N E でのサポートもすごく助かっていますし、無料でここまでしていただけるのは申し訳ないと思うこともあります。笑 − Satomiさん

留学・就職・永住のご相談はお気軽にACCまでどうぞ!