ACCの留学体験談 Blog

英語力ゼロ・スキル無しの私が海外で生活&仕事をするまでのブログ

私の留学日記24 専門コース2年目で得た成果
  • 2015/07/03
  • 2020/07/09

こんにちは、ACCキャリアコンサルタントのMikaです。

前回の留学体験談私の留学日記23 新たな目標で書かせていただいた通り、新たな目標を設定して、専門コース2年目に臨んだ私ですが、おかげで小さな成果がちらほらと見え始めました。

2年目の専門コースは、Certificate IV in Design(Graphic Design)というコースで、グラフィックデザインの基本を学ぶため、パソコンを使うというよりはもっと手を使ってDrawingやPaintingを勉強することがメインでした。
とにかく絵を描くことが苦手な私にとってはこれが辛くてしょうがなかったわけですが(苦笑)、課題はこんもり出ますしやるしかありません(笑)。

なかでも、特に大変だった課題がDrawingの一つ、5つくらいの太さの違う黒ペンのみを使って人物・植物・物等の質感をリアルに描くものです。

例えばこんな感じで。
テーマを決めて、自分で好きなモノ・人をピックアップし、そのComposition(構成、組み立て)を考え、描いていく。
この課題は私はもちろんですが、クラスメート全員が四苦八苦している状態でした(苦笑)。
そもそもテーマやレイアウトを決めるまで多くの時間がかかり、描いていく段階では、描いても描いても終らない、まさに地獄のようでした(笑)。

授業時間内で終るはずもなく、空き時間や放課後、週末もこの課題のために多くの時間を割きましたが、担当の先生もかなり厳しい方で、チェックをお願いしてもなかなか「OK」とは言ってくれません(泣)。
細かい作業はあまり得意ではありませんでしたが、凝り性ではあるので一度やり始めたらきちんと仕上げたい!そう思って、私が取った行動は、

通い妻のように先生のもとにおしかけて、「教えて!」とアドバイスをもらいに行くことでした(笑)。

でもこれは効果テキメンというか、本当にやって良かったと思います。
私は決してデキのいい生徒ではありませんでしたが、先生方もデキが悪くても熱心に「教えて!」とやってくる生徒を無下にはしませんし、むしろ喜んで教えてくれます。
なので、授業中もそうでないときも先生はよく私に目をかけてくれるようになりましたし、直接私の作品を見てもらいながら話をしていたので、定期的な進捗確認もしてもらうことができました。

終ってみれば、クラス中の誰よりも早く、そして見本の作品として提示されるようなものを作ることができました。

私は留学生であり、英語がネイティブでない、というだけで自分にはローカルの学生と比べればハンデがあると思っていましたが、それを利用する、ではありませんが、「わからないから教えて欲しい!」と素直に積極的に先生に聞けば、絶対にサポートしてくれます
人一倍の努力が必要というところはありますが、この専門コースを通して、根性はさらに磨かれたのではないかと思っています(笑)。

プロフィール

熊谷 美佳 MIKA KUMAGAI

キャリアコンサルタント

英語力もスキルも、何もなくても大丈夫。ゼロからスタートできる環境がここにあります。

大学在学中にイギリス・ロンドンへの短期語学留学を期に、英語及び英語圏での暮らしに大きな魅力を感じる。卒業後、コールセンター管理職として劇務をこなす中「人生後悔したくない」と念願の長期留学を決意。20代後半、英語力ゼロ、スキル無しの状態からTAFEでグラフィックデザインを学ぶ。現在はキャリアコンサルタントとして皆様の相談に乗る一方で、ACCのウェブを含めたWeb・グラフィックデザイナーとしても活躍中。

ACCの6つの特徴

  1. スタッフ全員オーストラリアで専門学校以上の長期留学経験者
  2. 日経で唯一パースに特化した留学エージェント
  3. 社内に人材紹介派遣部門がある就職に強いエージェント
  4. オーストラリアで唯一現役の採用担当者からキャリア•アドバイスをもらえる
  5. パースで人気No.1の日本語情報誌を自ら発行してしまうくらいパースが大好き
  6. ワーホリ•留学•就職•移住•ビザ、全部丸ごとサポートするエージェント

ACCで良かった! 現役留学生•卒業生に聞いた

ACCを選んだ理由

  1. 学校だけでなく、ビザや就職の相談にも乗ってくれるトータルサポート力
  2. パースにオフィスがあるから留学生活が安心!
  3. オーストラリア留学経験者がサポートしてくれる

有料エージェントにサポートを依頼した時、とても事務的に感じたましたが、A CCさんはとにかく元気ハツラツ!笑 皆さんパースが大好きで、経験からアドバイスしてくれることが多かったので、自分に置き換えて現実的に考えることもできました。オフィスだけでなくL I N E でのサポートもすごく助かっていますし、無料でここまでしていただけるのは申し訳ないと思うこともあります。笑 − Satomiさん

留学・就職・永住のご相談はお気軽にACCまでどうぞ!