ACCスタッフブログ Blog

「方向性」という言葉を留学の視点で考えてみる

  • 2015/06/08
  • 2020/07/29

こんにちは、ACCキャリアコンサルタントのMikaです。

「方向性をきちんと決めることが大事だ」という言葉をよく耳にしますが、「方向性を決める」って実際どういうことでしょうか?
私もカウンセリング時にそんなお話をさせていただくことがあるんですが、もっと具体的に、わかりやすく言うとどういうことだろう?ということをふと考えてみました。

私は勉強でも、仕事でも、プライベートでも、全ては『想い』が道を作っていく、と思っています。
つまりは「こうなりたい!」「こんなことをしたい!」ということを具体的に思い描くことで、それが実現していく、ということです。

だから、大事なことは実現したいと思っている自分の夢や理想の姿を想像する、ということになるわけですが、色々な方とお話をしていて耳にするのは「こうはなりたくないんですよね」とか「こういうのは嫌だけど、やりたい!ということは思い浮かばない…」という声です。
これは嫌!と自分の意志としてはっきりと持っていることは悪いことではありませんが、そこに意識が集中しすぎてしまわないように注意が必要です。

というのも、人は不思議なもので、自分が考えていることって本当に現実になるんですよね。
例えば交通事故が起きてしまうときってどういうときでしょう?
自分で事故を起こそう!と思う人はまずいませんが、でも危ない状況になった時に、「あ、ぶつかる!」とぶつかる方に意識が行くと、ぶつかることを避けられる場所を見つけるのではなく、自然とぶつかりそうな相手の車の方に目が行き、結局本当にそちらの方に行って事故になってしまうそうです。
よそ見運転による事故は、進行方向=自分が進むべき道をしっかりと見ていれば防げますが、そこに意識が集中していないから起きてしまう、ということなんですね。

だからこそ、「こうはなりたくない」と否定の方に意識が向くことは、なりたくないことを具体的に強く意識してしまう結果、逆にそのようなことが起きてしまう、という事態になります。
そのため、「こうはなりたくない」ではなく、「なりたい」の方に意識を集中して、具体的にイメージすることが大切なのです。

私は「方向性を決める」ということは、自分がなりたい、行きたい方向に、自分の心と体がきちんと向いているかどうか?ということを確認することだと思います。

留学を決めるとき、留学中に何か迷いや不安ができた時は、「こうなったらどうしよう…」「ああなりたくない」などといったどちらかといえばネガティブな感情で物事を考えてしまいがちですから、そんなときこそ自分はどうなりたいんだっけ?ということを改めて確認して、「方向性」を自分の行きたい方へと正してみていただくと良いかもしれません。

<ブログランキング参加中!応援よろしくお願い致します。>

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外就職へ    

プロフィール

熊谷 美佳 MIKA KUMAGAI

キャリアコンサルタント

英語力もスキルも、何もなくても大丈夫。ゼロからスタートできる環境がここにあります。

大学在学中にイギリス・ロンドンへの短期語学留学を期に、英語及び英語圏での暮らしに大きな魅力を感じる。卒業後、コールセンター管理職として劇務をこなす中「人生後悔したくない」と念願の長期留学を決意。20代後半、英語力ゼロ、スキル無しの状態からTAFEでグラフィックデザインを学ぶ。現在はキャリアコンサルタントとして皆様の相談に乗る一方で、ACCのウェブを含めたWeb・グラフィックデザイナーとしても活躍中。

ACCの6つの特徴

  1. スタッフ全員オーストラリアで専門学校以上の長期留学経験者
  2. 日経で唯一パースに特化した留学エージェント
  3. 社内に人材紹介派遣部門がある就職に強いエージェント
  4. オーストラリアで唯一現役の採用担当者からキャリア•アドバイスをもらえる
  5. パースで人気No.1の日本語情報誌を自ら発行してしまうくらいパースが大好き
  6. ワーホリ•留学•就職•移住•ビザ、全部丸ごとサポートするエージェント

ACCで良かった! 現役留学生•卒業生に聞いた

ACCを選んだ理由

  1. 学校だけでなく、ビザや就職の相談にも乗ってくれるトータルサポート力
  2. パースにオフィスがあるから留学生活が安心!
  3. オーストラリア留学経験者がサポートしてくれる

有料エージェントにサポートを依頼した時、とても事務的に感じたましたが、A CCさんはとにかく元気ハツラツ!笑 皆さんパースが大好きで、経験からアドバイスしてくれることが多かったので、自分に置き換えて現実的に考えることもできました。オフィスだけでなくL I N E でのサポートもすごく助かっていますし、無料でここまでしていただけるのは申し訳ないと思うこともあります。笑 − Satomiさん

留学・就職・永住のご相談はお気軽にACCまでどうぞ!