英語力ゼロ・スキル無しの私が海外で生活&仕事をするまでのブログ

私の留学日記23 新たな目標

更新日:2014/12/16

こんにちは、ACCキャリアコンサルタントのMikaです。

前回までのブログでも書いた通り、専門コース2年目の勉強は苦手なことが多くて気持ち的にも大変な時期が続きました。
私の留学日記22 人生で一番忙しい毎日
私の留学日記21 専門コース2年目がスタート:ふりだしに戻る

しかし、お金も払ったし、やると決めたからには頑張る!!という気持ちで、プラス自分の気持ちを奮い立たせる意味でも新たに目標設定をしました。
専門コース1年目でCertificate IIIの勉強の際には、必ず『デットライン=締め切り』を守る、ということを意識して、クラスの中で誰よりも早く課題を出せるようになりました。
私の留学日記14 専門コースの挫折後に必死にやったこと3つ

2年目のコースで自分が特に大変だなと思ったことが、一つの課題に対して多くのアイデアだしを求められるため(例えば10〜20のアイデアを出して手書き→そこから徐々に絞っていく→最終的に1つ完成させる)、なかなかアイデアが思い浮かばない、または似通ったデザインになってしまう、ということでした。
でもこれはやっぱり脳のストレッチというか、とにかくたくさん数をこなしてやっていくしかないということで、『課題で指定されたアイデア数プラス1以上で必ずアイデアを考える』という自分の中で新たな目標を立てました。
例えば1つの課題で15個のアイデアを出す必要があれば、自分は16個、時には20個出す、というように自分の『アイデア力』に磨きをかけていこうと考えました。

実際にやってみると、やっぱり大変(苦笑)。
ただでさえ15個も出せないので(笑)、例えプラス1個だけだとしてもその最後の1個がなかなか思い浮かばない…とかなり時間をかけたこともありました。
ただ、この鍛錬?は今でも役に立っていて、デザインのお仕事でのアイデア・企画出しなどでは色々なアイデアが前よりも浮かぶようになりました。
また、ACCのウェブサイトでもこんな情報を載せると、留学・就職を考えている人の役に立つのではないか、新しいサービスとしてこんなものを提供してみてはどうか、等々デザイン以外の仕事でもたくさんのアイデアが生み出せるようになりました。

でも、ここでも大事なのはやっぱり気持ちです。
好きでやっていること、『どうしてもこうやりたい!』と情熱を持ってやっていることは、自然と他の場面でも頭のどこかで考えていて、ふとした瞬間に良いアイデアが生まれてきたりする。
嫌々やっていることではなかなかこうもいきません。
前向きな気持ちが物事を動かしていく、これはやはり間違いありません。

だからこそ、私たちACCのコンサルタントによるカウンセリングでは、皆さん一人一人にやりたいこと、好きなことは何ですか?という質問を必ずさせていただきます。
そこからこれからの留学・就職プランが見えてくることがよくあるんですね。
皆さんも、原点回帰ではありませんが、ご自身のやりたいと思っていること、好きだと思うことにもう一度向き合ってみると、新しいアイデアや何かが出てくるかもしれません。


☆★☆★ブログランキング参加中☆★☆★ぜひ下のボタンをポチッとお願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外就職へ  オーストラリア留学 ブログランキングへ  FC2 Blog Ranking

ACCスタッフブログ 関連記事