英語力ゼロ・スキル無しの私が海外で生活&仕事をするまでのブログ

私の留学日記19 専門コース1年目の終わりの決断

更新日:2014/10/28

こんにちは、ACCキャリアコンサルタントのMikaです。

ちょうど今から3年前の時期が、知識ゼロ・未経験で始めた1年間のグラフィックデザインのコースが終わりにさしかかった頃でした。
以前のブログ『私の留学日記11 決断』でも書いた通り、最初それほど興味もなかったビジネスコースに申込んでいて、そこから180度方向転換してグラフィックデザインの勉強をしました。後悔は全くなかったし、むしろやっと自分が本当に好きだ!と思えることに取り組めたことに大きな喜びを感じていました。

しかし、コースの終盤に差し掛かるといつも悩むのが今後の進路について。
トータルの留学期間は1年半になっていたし、年齢的にも27歳になっていたので、進路についてはかなり悩みました。
やっぱり女性的な悩みもあって、私の友人の7、8割は結婚済み、来年には結婚予定などばかりで、一瞬『私、このままで良いのかな…』と思ったこともありました(苦笑)。

プラスして経済的な悩みも出てきました。
ある程度まとまったお金を貯金してきたので次もし進学するにしてもアルバイトを続ければどうにかできる状態でしたが、お金に対してかなり心配性な私は少し踏みとどまってしまいました。

しかし同時に、1年勉強しても自分はまだまだだ、というこをひしひしと感じていて、勉強を続けたい!という気持ちもかなり大きかったです。

結局私は『中途半端な気持ちで日本に帰って後悔したくない!』という気持ちで進学を決意したのですが、留学をすることはやっぱりこうやって『決断をしていくこと』の繰り返しだと思います。決断の大小は様々ですが、留学をする、海外に出る、ということ自体かなり大きな決断ですよね。特に社会人になっていればいるほど、今の仕事や経済的な安定等も置いて、日本を出るわけですから相当な覚悟が必要だと思います。でも、留学に限らず、本当に自分がやりたいことであれば、そこにどんな不安要素(今回の私の例で言えば自分の周囲の人の変化や経済的な理由など)があっても、まずは純粋に自分がそのやりたいことと向き合って、覚悟が決められるかどうかを考えてみると良いと思います。

私の場合、後悔したくない!と思ったと書きましたが、結局のところそのときあった不安要素と自分のやりたいことを天秤にかけたら、やりたいことが勝ったというだけです。
それで周りの友達は結婚していくのに…という不安が消えたわけではありませんでしたが、自分の好きなことをやってキラキラ輝いていれば、きっと良い出会いがある!とポジティブに考えました(笑)。
お金の面もないなら稼ぐしかない!と腹をくくりました。

まだ覚悟をしていない状況だと、ついつい覚悟するのが不安だったり、怖かったり、という気持ちが強いですが、きっとどんな決断にせよ、覚悟を決めた後の方が気持ちはずっと楽になるはずです。
私の例のように、覚悟を決めたからと言って、不安が消えるわけではないんです。
ただ、不安な気持ちは不安な気持ちとして、それとは別にこうやっていこう!とポジティブな気持ちや考え方ができるようになります
この力は留学中の大変な時期、苦しいことに耐える力にもなります。

『決断力』については、こちらの『『決断力』が留学に差をつける』で書かせていただいているので、ぜひチェックしてみてくださいね。
次回は専門コース1年間で得られた私の成果について書かせていただきたいと思います!


☆★☆★ブログランキング参加中☆★☆★ぜひ下のボタンをポチッとお願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外就職へ  オーストラリア留学 ブログランキングへ  FC2 Blog Ranking

ACCスタッフブログ 関連記事