ACCの留学体験談 Blog

英語力ゼロ・スキル無しの私が海外で生活&仕事をするまでのブログ

私の留学日記16 『やりたいこと』が見つかるまでの道のり
  • 2014/10/14
  • 2020/07/08

こんにちは、ACCキャリアコンサルタントのMikaです。

以前、『やりたいこと』が見つかるまでの道のりは長い?で私は自分の『やりたいこと』が見つかるまで時間がかかった、というお話をさせていただきましたが、今回は実際にどうやって見つけていったのかをお話ししたいと思います。

『やりたいこと』が見つかるまでの道のり①小・中・高の勉強

私は小学校5年生の時に良い先生に出会い、勉強が少し好きになりました。
褒めてもらえるのが嬉しくて、宿題を積極的にやっていたのですが、少しずつ自分なりに工夫を加えるようになってきました。

最初にやったことは、たくさんのカラーペンを使って、宿題ノートの大事な部分を色分けしていきました。最初はただ単に色んな色を使いたくてやっていましたが、徐々にもっと見やすく、読みやすくするためには?ということを考えるようになり、だんだんと統一感も出てくるようになりました。

そうしているうちに、私は何かをまとめるのがうまいね、という話しになり、町内会で行われるイベントのチラシ作り(全て手書き)をさせていただきました。思えばこれが私の初めてのデザインの仕事だったかもしれません(笑)。

中学に入ると、今度は社会を教えてくれた先生が、ポイントを絞り、重要な箇所をわかりやすくまとめる、ということに非常に長けた方で、先生がいつも自分で手書きのプリントを作ってくれていました。私はこのプリントを真似ることからスタートし、さらにまとめることが好きになりました。

高校では、さらに自分で応用をきかせてテスト対策・受験対策のノートを作成するようになりました。
加えて、中学〜高校にかけては文章を書くことも好きでした。

『やりたいこと』が見つかるまでの道のり②大学での勉強とアルバイト

大学ではレポートを書く機会が増えて、やはり多くの人が苦手とするレポートですが、実は私はこれが大好きでした(笑)。その教科に興味があるかどうか、ということは別にして、自分が調べたこと、自分が伝えたいことをいかにわかりやすくまとめるか、ということを考えながら資料を作る、レポートを作るという作業が好きだったんです。

そして、大学入学後比較的すぐにコールセンターでのアルバイトを始めたのですが、頑張りが認められ、アルバイト開始3ヶ月後にはスーパーバイザー(SV)と呼ばれるコールセンターの管理者をサポートするアシスタントスーパーバイザー(ASV)になりました。

ASVの仕事は、オペレーターさんの質疑応答や新人研修サポート等がメインでしたが、研修資料作成を任せていただけるようになり、このとき初めて学校外できちんと仕事としてwordやexcelを使い始めました。
これが楽しくてしょうがなかった(笑)。

私は研修資料を作成して、自ら研修も担当することがあったので、その資料を使う方からダイレクトにフィードバックをもらうことができ、改善点を見つけたり、時には『わかりやすくて助かった』というような嬉しい言葉をいただけることもありました。

しかし、この時点では私の好きなことが、具体的に仕事としてどう役立つか、何ができるのかがわからず、迷ったまま就職活動を始めて、結局卒業後は違う会社ではありますが、同じコールセンターでの仕事をすることになります。

『やりたいこと』が見つかるまでの道のり③就職

就職先では、今までのアルバイトの経験を活かしつつ、さらに責任のある仕事を任せていただけるようになりました。
私が長く担当したコールセンターは小規模で、全て自分一人で管理する必要があったため、新人の育成・研修、クライアント対応、クレーム対応等などをこなしていました。
そういった中で、研修資料やクライアントへの報告資料、コールセンター内で使用する業務マニュアル等、たくさんのものを作らせていただくことになり、やはり自分はこういったことが好きなんだ、ということを実感していきました。

さらに、業務改善活動の一つとして、今まで紙のマニュアルばかりだったものを、オンライン化しようという話になり、簡単ではありますが、HTMLを使用したナレッジツールの作成を始めました。当時ほとんど知識がなく、見よう見まねでやっていましたが、それでもすごく楽しくて、出来上がったときの感動は今でも忘れられません。また、一緒に働くオペレーターの皆さんからもわかりやすい、使いやすい、という言葉をいただけてとても嬉しかったです。

ちょうどその後くらいから体調を崩し始めたりして、今後のキャリアについて迷うことも多くなり、最終的に留学を決意することになります。
私が留学しようと思ったきっかけ−後編−

『やりたいこと』が見つかるまでの道のり④留学

留学中も最初は色々と迷うことがあったのですが、改めて専門学校のコースを調べて、自分がまさに興味のあることが勉強できるコースを見つけました。
それが印刷技術とグラフィックデザインでした。
私の留学日記11 決断

このとき、私は26歳。迷って迷って、悩んでも見つからなくて…を繰り返した結果でしたが、今わかるのは、やはり全てはつながっていたんだな、ということです。
TAFEでの学生生活は、金銭的にも精神的にも辛かったけど、それを乗り越えて今デザインのお仕事をさせていただけるようになった嬉しさの方が遥かに上回っています。

私自身長い時間がかかったからこそ、今『やりたいことがなくて…』と悩んでいらっしゃる方にも、ぜひ諦めずに『自分が本当は何がやりたいか?』と自分に向き合って、見つけていって欲しいと心から思っています。
その手助けをACCとしてもできれば嬉しいです。

<ブログランキング参加中!応援よろしくお願い致します。>

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外就職へ    

プロフィール

熊谷 美佳 MIKA KUMAGAI

キャリアコンサルタント

英語力もスキルも、何もなくても大丈夫。ゼロからスタートできる環境がここにあります。

大学在学中にイギリス・ロンドンへの短期語学留学を期に、英語及び英語圏での暮らしに大きな魅力を感じる。卒業後、コールセンター管理職として劇務をこなす中「人生後悔したくない」と念願の長期留学を決意。20代後半、英語力ゼロ、スキル無しの状態からTAFEでグラフィックデザインを学ぶ。現在はキャリアコンサルタントとして皆様の相談に乗る一方で、ACCのウェブを含めたWeb・グラフィックデザイナーとしても活躍中。

ACCの6つの特徴

  1. スタッフ全員オーストラリアで専門学校以上の長期留学経験者
  2. 日経で唯一パースに特化した留学エージェント
  3. 社内に人材紹介派遣部門がある就職に強いエージェント
  4. オーストラリアで唯一現役の採用担当者からキャリア•アドバイスをもらえる
  5. パースで人気No.1の日本語情報誌を自ら発行してしまうくらいパースが大好き
  6. ワーホリ•留学•就職•移住•ビザ、全部丸ごとサポートするエージェント

ACCで良かった! 現役留学生•卒業生に聞いた

ACCを選んだ理由

  1. 学校だけでなく、ビザや就職の相談にも乗ってくれるトータルサポート力
  2. パースにオフィスがあるから留学生活が安心!
  3. オーストラリア留学経験者がサポートしてくれる

有料エージェントにサポートを依頼した時、とても事務的に感じたましたが、A CCさんはとにかく元気ハツラツ!笑 皆さんパースが大好きで、経験からアドバイスしてくれることが多かったので、自分に置き換えて現実的に考えることもできました。オフィスだけでなくL I N E でのサポートもすごく助かっていますし、無料でここまでしていただけるのは申し訳ないと思うこともあります。笑 − Satomiさん

留学・就職・永住のご相談はお気軽にACCまでどうぞ!