英語力ゼロ・スキル無しの私が海外で生活&仕事をするまでのブログ

オーストラリアでお仕事を見つける4つの秘訣 第3回:仕事に必要なビザ

更新日:2014/10/10

こんにちは、ACCキャリアコンサルタントのMikaです。

パースの日本語情報誌『まるごとパース』に連載していた人気コラム『オーストラリアでお仕事を見つける4つの秘訣』をブログで改めて取り上げます!
誌面で見逃した方、改めて見直したい方はぜひぜひこちらのブログでチェックしてみてくださいね!改めて加えたコメントもありますので要チェックです!

オーストラリアでお仕事を見つける4つの秘訣 第3回:仕事に必要なビザ

当たり前ですが日本人にとってオーストラリアは外国。そのため現地で働くには、働くことの出来るビザが必要になります。

ワーキングホリデービザは一つの雇用主下で6ヶ月まで、という制限はつきますが労働時間に制限はなく働けます。
学生ビザに関しては、原則アメリカでは留学生のお仕事はダメだと思いますが、オーストラリアはOK!学校がある期間は2週間で40時間までという制限はつくものの、夏・冬休み、タームブレイクと呼ばれる2週間のホリデーなどは労働時間制限なしで働けます。私も3年ほど学生をしていましたが、こうして働くことができたので生活費や学費と言ったお金の面は相当助かりました(笑)。

それでも雇う側の一番人気はやはり永住ビザ。労働時間や期間に制限もないので、正社員としてのお仕事をするには基本的に永住ビザが必要になります。ビジネスビザもありますが最近は基準が厳しくなっており、永住ビザの方が取得しやすいケースも多々あります。

そして永住ビザの中でも、このブログを書いている2014年10月現在で言えば、仕事ありきの永住権(RSMSやENS)の需要が高まっており、逆にポイント制での技術独立ビザの申請は年々厳しくなっている印象で、やはりスポンサー先を探してビザ申請、という流れが主流になって来ていると実感しています。

永住ビザなんて聞くと、何も知らなくても「無理!」と言いたくなりますが、実はプラン次第で取得出来る可能性が高い方は結構多いんです。オーストラリア就職にご興味ある方はACCなど、ビザコンサルタントに相談できるエージェントに聞いてみて下さいね!

ACCスタッフブログ – パースは永住権が取りやすい、は本当???
ACCスタッフブログ – 永住権が取りやすい職種とは?

こちらのコラムへの感想や質問、また現在のお仕事からスキルアップをしたい方はぜひこちらまでお問い合わせください!


☆★☆★ブログランキング参加中☆★☆★ぜひ下のボタンをポチッとお願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外就職へ  オーストラリア留学 ブログランキングへ  FC2 Blog Ranking

ACCスタッフブログ 関連記事