ACCスタッフブログ Blog

その道のプロであるということ

  • 2014/05/02
  • 2020/07/10

こんにちは、ACCキャリアコンサルタントのMikaです。

オーストラリアにいらっしゃって、こちらで永住ビザまで視野に入れられて留学されている方はその道のプロを目指されている方が大半です。

「何をちょこっと勉強して数年の経験でプロだなんて…」

と、日本的な発想だとそう思いますし、何十年も経験しこそプロ、その考え方もまた正解です。

しかし、西洋文化では、その人がプロだと思っていればプロ、なおかつそれで生計が立っているなら十分プロ、という認識が一般的のように感じます。

プロという基準は人それぞれ。

資格があればプロと思う人もいますし、仕事にしてればプロという人もいます。

ただ、共通して大切なことは、プロである、プロになるという意識を常に持ち、実行し続けること

以前、「情熱大陸」でリリー・フランキーさんの回のワンシーンで、大学生とこんなやりとりがありました。

リリーさん:「あなたは将来何になりたいの?」
学生:「絵本作家になりたいです!」
リリーさん:「そうなんだ、じゃあ君の夢はもう叶ったね。」
学生:「???」
リリーさん:「明日から「何してるの?」って聞かれたら「絵本作家です」って答えれば良いよ。それだけ。」

私は、リリー・フランキーさんが言いたかったことは、先述したプロである、プロになるという意識を常に持ち、実行し続けることが大事だということだと勝手に解釈しています。

自分がその道のプロかどうかは、自分自身がプロ意識を持って取り組んでいるか次第で決まる。他の人が自分をプロにしてくれる訳ではない。

私自身、キャリアコンサルタントとして、デザイナーとして、未熟でまだまだ勉強しなければいけないことだらけです。しかし、その道を極めたい、そう思うからこそ大変なこともあるけど、それを「あぁ大変、困った…」と思わずに、自分がどんなふうに成長できるか楽しみだと捉えて一つ一つ取り組んでいる最中です。

今現在留学されている方、今後留学して何かを身につけたいと思っている方もぜひ自分のなりたい、思い描いている「プロ」を目指して頑張ってくださいね!

<ブログランキング参加中!応援よろしくお願い致します。>

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外就職へ    

プロフィール

熊谷 美佳 MIKA KUMAGAI

キャリアコンサルタント

英語力もスキルも、何もなくても大丈夫。ゼロからスタートできる環境がここにあります。

大学在学中にイギリス・ロンドンへの短期語学留学を期に、英語及び英語圏での暮らしに大きな魅力を感じる。卒業後、コールセンター管理職として劇務をこなす中「人生後悔したくない」と念願の長期留学を決意。20代後半、英語力ゼロ、スキル無しの状態からTAFEでグラフィックデザインを学ぶ。現在はキャリアコンサルタントとして皆様の相談に乗る一方で、ACCのウェブを含めたWeb・グラフィックデザイナーとしても活躍中。

ACCの6つの特徴

  1. スタッフ全員オーストラリアで専門学校以上の長期留学経験者
  2. 日経で唯一パースに特化した留学エージェント
  3. 社内に人材紹介派遣部門がある就職に強いエージェント
  4. オーストラリアで唯一現役の採用担当者からキャリア•アドバイスをもらえる
  5. パースで人気No.1の日本語情報誌を自ら発行してしまうくらいパースが大好き
  6. ワーホリ•留学•就職•移住•ビザ、全部丸ごとサポートするエージェント

ACCで良かった! 現役留学生•卒業生に聞いた

ACCを選んだ理由

  1. 学校だけでなく、ビザや就職の相談にも乗ってくれるトータルサポート力
  2. パースにオフィスがあるから留学生活が安心!
  3. オーストラリア留学経験者がサポートしてくれる

有料エージェントにサポートを依頼した時、とても事務的に感じたましたが、A CCさんはとにかく元気ハツラツ!笑 皆さんパースが大好きで、経験からアドバイスしてくれることが多かったので、自分に置き換えて現実的に考えることもできました。オフィスだけでなくL I N E でのサポートもすごく助かっていますし、無料でここまでしていただけるのは申し訳ないと思うこともあります。笑 − Satomiさん

留学・就職・永住のご相談はお気軽にACCまでどうぞ!